Tecan uses cookies to improve our website. By continuing to browse our website, you accept our cookie policy.

創薬標的分子の探索

創薬標的分子の探索は、創薬パイプラインにおける最初の重要なステップです。ときに見落とされることもありますが、疾病に影響する可能性のある分子を同定する分子および細胞メカニズムの研究は、困難で、時間がかかるだけでなく、非常に費用もかかります。Tecanは、研究を合理化するのに役に立つ広範な自動化ソリューションを提供しています。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 01 / ゲノミクス
***************************************************************************************
***************************************************************************************

概要

拡張性を備えた再構成可能なソリューションで、DNA抽出、ノーマライゼーション、PCRセットアップ、DNA抽出、NGSサンプル調製を含むゲノム自動化のすべてのニーズに対応します。

主な利点

  • 括的な検証済みソリューション
  • 多くのアプリケーションで実証済みのプロトコル
  • ヒューマンエラーを排除

CRISPR/Cas9 – the way it is done today

Clustered Regularly Interspaces Short Palindromic Repeats (CRISPR)およびCRISPER関連タンパク質(Cas9)の併用は、2012年に初めて導入されて以来、ゲノム工学において非常に人気の高いツールの1つになりました。単一ポイントの変異または大きなゲノム再編成を導入する作業や(反転と転位など)、転写制御に関するタンパク質を標的とする作業なども、今や数年前には誰も想像すらできないほどに簡単で、効率的で柔軟かつ精度が高くなりました。遺伝子スクリーニングプロジェクトをすぐに開始するのに必要なものをすべて備えたTecanのスマートな自動化ソリューション をご覧ください。

英国のゲノム会社Horizon Discoveryのコメント
「CRISPR-Cas9で検出している標的は、2020年代の医薬品の開発を導くものとなるでしょう」。
"Editing the drug discovery workflow" の詳細はこちら

Nucleic acid purification, quantification and normalization

必要なスループットに対応するDNA/RNA抽出 および精製の自動化ソリューションです。Macherey-Nagel社やPromega社とのコラボレーションで開発されました。

蛍光およびUVベースの分析に優れた感度を提供する迅速なDNAおよびRNA定量化、および核酸の目的濃度へのノーマライゼーションを自動化。

Flexible PCR set-up

D300eデジタルディスペンサーによる小型 qPCRからリキッドハンドリングプラットフォームのハイスループット PCRまで、サーモサイクラーへのインテグレーションとqPCRサイクラーへのデータ転送も含め、自動化ソリューションで再現性が向上します。

ハイライト

  • qPCR反応セットアップが数分で実現
  • 反応量を最小化
  • ヒューマンエラーを排除
詳細を表示

NGS sample preparation

NGSサンプル調製の自動化は、サンプルの並列処理を可能にし、サンプル処理のエラーを最小限に抑え、ライブラリ調製の再現性とスループットを高めます。

詳細はこちら

Colony picking

ちょっとしたことで、人生がずっと楽になる場合があります。コロニーピッキングを自動化できるとしたら、有意義な実験にもっと時間を使えるようにならないでしょうか。クローニングおよび細胞株開発ワークフローの中で、最も労働集約的で、ヒューマンエラーが発生しやすいプロセスの1つを合理化します。

詳細はこちら




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 02 / タンパク質
***************************************************************************************
***************************************************************************************

概要

Tecanは、ハイスループットのタンパク質精製および特性評価プロトコルの半自動化および完全自動化用に、柔軟性に富み、拡張性に優れたリキッドハンドリングと検出用のさまざまなプラットフォームを提供します。

主な利点

  • サンプルと試薬の消費を最小化
  • 並列クロマトグラフィーで生産性を最適化し、貴重な処理時間を節約
  • 検出を含む完全なワークフロー
  • オペレーターの介在が不要なバッチ処理

Protein purification

新薬発見には、最長15年の年月と多額の費用がかかります。自動化は、試薬と貴重なサンプルの消費を低減し、プロセス開発アプリケーションの加速化と費用の削減に役立つツールです。効率的なタンパク質精製とハイスループットバイオプロセシング用の、Tecanによる拡張性に優れたリキッドハンドリングプラットフォームの小型化および並列化機能をご覧ください。

詳細はこちら

UCB Londonのコメント:
「私達はTecanシステムの高い柔軟性をすぐに理解することができました。最終的に選択した構成では、クロマトグラフィーとELISA間で切り替えることができ、他の潜在的なアッセイ用のオプションを検討し続けることもできます」。
“Discover more with less” の詳細はこちら

Protein analysis

Tecanは、タンパク質分析用の様々な先進的ソリューションを提供しています。堅牢なマルチモードリーダーとFortéBio Octet®プラットフォームを使用したラベルフリー解析、タンパク質消化やMALDIスポッティングまで、アッセイ開発プロセスを合理化できます。

詳細はこちら

MS sample preparation

質量分析ベースのアッセイがルーチンとなってきていますが、手作業でのサンプル調製は、多くのワークフローで依然として大きなボトルネックとなっています。Tecanでは、主要な抽出技術に対する深い理解を高精度のリキッドハンドリングに活用し、MSサンプル調製ワークフローを自動化するカスタマイズソリューションを提供しています。

詳細はこちら

モントリオール大学のコメント:
「Pickoloは、コスト効率の高い省スペースソリューションを提供し、ワークフローに容易に組み込めることが実証されました」。
"Designer proteins" の詳細はこちら

Hybridoma picking

通常、コロニーのピッキングは退屈な作業であり、再現性とトレーサビリティが低くなります。Tecan製リキッドハンドリングプラットフォーム用SciRobotics Pickolo™ Colony-Pickerアドオンは、コロニーのピッキング専用のコンパクトなソリューションが必要な場合も、タンパク質精製など下流プロセス用のインキュベーターおよびモジュールを備えた完全なシステムが必要な場合にも最適です。

詳細はこちら




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 03 / セルバイオロジー
***************************************************************************************
***************************************************************************************

概要

創薬では、細胞株および初代細胞は、細胞由来の生体分子の生産のほか、セルベースおよびフェノタイプスクリーニングのアッセイにも広く利用されています。Tecanではリキッドハンドリングと検出用プラットフォームをベースに、2Dおよび3D細胞培養から、セルベースのアッセイやセルレベルの分析に至るまで、洗練されたモジュール式自動化ソリューションを提供しています。

主な利点

  • 自動化は標準化を意味し、最適な結果を取得できる
  • セルベースアッセイをスピードアップし、作業者の時間を節約
  • マルチおよびシングルモードリーダーやハイコンテンツイメージャーをシームレスにインテグレーション

フランスのCRO SMALTISのコメント:
「Sparkを導入する前は、96ウェルプレートごとに4つから6つの画像を取得し顕微鏡で色を分析する必要がありました。今では、この操作は自動化されています。作業者1名で3日かかった作業が、今は1時間半で済みます」。
"Accelerating R&D through collaboration and automation" の詳細はこちら

Cell monitoring

吸光、蛍光、発光の測定から、精密なセルカウントや明視野セルイメージングまで、Tecan製の多彩なマイクロプレートリーダーについてご覧ください。

詳細はこちら

Phenotypic screening

近年の標的ベースのスクリーニング戦略では、潜在的な標的が豊富に生成されますが、画期的な新薬の発見を加速化するという点では成果が上がっていないことが明らかになっています。この傾向を変えるために、標的ベースのスクリーニングをフェノタイプ(表現型)スクリーニングモデルと組み合わせるための多大な努力が払われてきました。

詳細を表示

スループットを向上し、小型化と自動化を実現

組織のイメージング、organ-on-a-chip技術、シングルセル分析を改善する明らかなニーズや、予測可能性、信頼性、再現性の高いフェノタイプ(表現型)スクリーニングアッセイを定義する課題に応えるため、バイオフォトトロニック、バイオマイクロエンジニアリング、プロセス分析、一般的な小型化の分野において、技術的な革新が強力に推進されてきました。Tecanの自動化における長年の経験を個々のハイスループットソリューションに活用し、薬物のスクリーニングと創薬プロジェクトをサポートし、タイムリーでコスト効率に優れた結果を導き出します。

ハイライト

米国のGenea Biocells社のコメント:
「手作業の削減や精度の向上に加えて、単に手動ではなく、システムでないとできない作業もあります」。
"Stem cell research offers muscular dystrophy hope" の詳細はこちら

2D and 3D cell culture

Tecanでは従来の単層から高度な3Dでの細胞培養や非常に繊細な幹細胞の培養まで、アプリケーションに合わせたツールをご用意しています。培地交換、増殖、抗体産生などのルーチンプロセスは、すべて完全に自動化されています。

詳細はこちら

Center for Eye Research Australiaのコメント:
「[…] 明らかに自動化が必要でした。 またこれによって細胞サンプルのばらつきも 最小化され、私たちのプロトコールが細胞の 挙動のわずかな変化も検出できる高い信頼 性を備えていることの証となると考えました」。
"Seeing more clearly" の詳細はこちら