Tecan uses cookies to improve our website. By continuing to browse our website, you accept our cookie policy.

This content is available also in other languages

x

This content is available also in other languages

セルバイオロジー

細胞株および初代細胞は、細胞由来の生体分子の産生のほか、細胞ベースのアッセイにも広く利用されています。

Tecanではリキッドハンドリングと検出用のプラットフォームを基盤として、クローニング、トランスフェクション、コロニーピッキングを伴う2Dおよび3D細胞培養から、細胞ベースのアッセイや細胞レベルの分析に至るまで、特別なモジュール式の自動化ソリューションを提供しています。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 01 / セルベースアッセイ
***************************************************************************************
***************************************************************************************

概要

細胞ベースのスクリーニングは、創薬プロセスの中で重要な役割を果たしています。自動化はリード化合物の選択や細胞内標的分子に対するプロファイリングを高速化するのに役立ちます。確実な細胞ベースのアッセイは、スクリーニングの成功に重要なファクターとなります。Tecanでは様々な細胞ベースのアッセイに最適なソリューションを提供しており、1つの装置でアッセイ開発とスクリーニングの両方を実行できます。

主な利点

  • 自動化による細胞ベースのアッセイの高速化
  • 実験の標準化で最適な結果の取得
  • アップストリームとダウンストリームのアプリケーションの統合

Cellular health

結果の解析を含め薬剤感受性試験のセットアップを簡単に行なえます。

Tecanは専用検出装置を使用して、細胞生存率、細胞毒性、またはアポトーシスなどの実験において再現性の高い評価を行います。

Spark Cytoは生細胞アッセイに最適なプレートリーダーで、比色分析、蛍光測定、発光測定、細胞イメージングなどの幅広い分析技術により、細胞の状態を解析しながら実験できます。一般的なサイトメトリーアプリケーション用にプレインストールされたメソッド(セルカウント、トランスフェクション効率、細胞生存率、アポトーシス、およびコンフルエンス)により、簡便な方法で画像の取得や解析が行えます。

試薬の段階希釈は、Tecanのリキッドハンドリングプラットフォームを利用すれば簡単にセットアップでき、より複雑な化合物プレートはD300eデジタルディスペンサーを使用することで容易に調製できます。

ワークフローを完全自動化するために、CO2インキュベーター、シェーカー、ウォッシャー、イメージング機能付きマルチモードリーダーを使用することで容易に調製できます。

詳細を表示

Cell signaling/pathways

細胞間伝達の研究は、自動化によってより確実に行うことができます。

Tecanの検出ソリューションと組み合わせて、キナーゼ活性に基づくアッセイや、細胞内シグナル伝達にフォーカスしたGタンパク質関連のスクリーニングにも対応した自動化ツールを提供しています。エピジェネティック研究などの長期アッセイに最適な環境を提供するために、層流フードのインテグレーションにも対応します。

Spark Cytoマイクロプレートリーダーは、TR-FRET、蛍光偏光、ALPHA®テクノロジー、蛍光イメージング、サイトメトリーなどのさまざまな検出テクノロジーを組み合わせて、細胞内シグナル伝達の研究を自動化します。

試薬の段階希釈はTecanのリキッドハンドリングプラットフォームを利用すれば簡単にセットアップできます。より複雑な化合物プレートはD300eデジタルディスペンサーにより調製できます。

ワークフローを完全自動化するために、CO2インキュベーター、シェーカー、ウォッシャー、イメージング機能付きマルチモードリーダーまたはハイコンテンツリーダー、ラボウェアおよび消耗品保管用のカルーセルなどのデバイスも追加できます 。

詳細を表示

Reporter genes

特定の細胞でどのような遺伝子が発現するか確認できます。

レポーター遺伝子アッセイは、アカデミアや医薬品企業におけるライフサイエンス研究の重要な一部となっています。レポータータンパク質の発現は、タンパク質の直接検出するか、酵素活性の測定によって可能になります。Spark Cytoマイクロプレートリーダーは、蛍光および発光検出、蛍光ベースの細胞イメージング機能を使用して、トランスフェクション効率とレポーター活性用にプレインストールされたメソッドを提供します。

これらのアッセイは通常、長時間にわたるため、適切な培養環境を保つことが不可欠になります。ワークフローを完全自動化するために、CO2インキュベーター、シェーカー、ウォッシャー、イメージング機能付きマルチモードリーダーまたはハイコンテンツリーダー、ラボウェアおよび消耗品保管用のカルーセルなどのデバイスも追加できます 。

詳細を表示

High throughput screening

細胞ベースのハイスループットスクリーニングには、低分子化合物、siRNA、抗体に対する細胞応答を光学分析によって行われています。

Tecanでは、96、384、および1536ウェルプレートでのアッセイのスループットを上げるため、MCA 96MCA 384を含む一連のリキッドハンドリングオプションをご用意しています。革新的なMCA 384では、ヘッドアダプターを自動的に交換して、さまざまなチップタイプやチップ本数のほか、プレートにおける行や列も処理することができます。ワークフローを完全に自動化するには、プレートを自動的に管理できるCO2インキュベーターや、シェーカー、ウォッシャー、実験機器用のカルーセル、消耗品などのコンポーネントのほか、イメージングマルチモードリーダーやハイコンテンツリーダーも追加することができます。

詳細を表示

Tecan Journal記事

Genea Biocells社はヒト多能性胚幹細胞を用いて、数多くの神経筋疾患を治療するための先駆的な新しい療法を生み出しています。同社は30年近くに及ぶ研究を踏まえ、その専門知識を活用して、脊髄性筋萎縮症および顔面肩甲上腕筋ジストロフィーのモデリングを行い、可能な治療法を特定しています。(本文は英語です)

オーストラリアのビクトリア州に拠点を置くMonash Antibody Technologies Facility (MATF)は、そのハイスループットサービスに新たな次元を加え、抗体の機能性スクリーニングを提供しています。時間のかかる抗体スクリーニングは多くのプロジェクトで必須となりますが、現在はMATFにアウトソーシングできるようになり、MATFは包括的かつ柔軟な自動化を利用してこの検査をわずかな時間で完了させています。(本文は英語です)

新しいSpark 20Mマルチモードマイクロプレートリーダーは、実質的にあらゆる創薬研究や高度なライフサイエンス研究の用途に合わせた、特別仕様のソリューションを提供します。この自由に構成可能なシステムでは、生化学ワークフローや細胞ベースのワークフローを強化し合理化することを目的とした新しい技術と機能を利用できます。(本文は英語です)

Karlsruhe Institute of Technologyでは、治療的用途におけるハイスループット細胞分離のプロトコルを、Freedom EVO® 200リキッドハンドリングプラットフォームで自動化しました。このプロセスは細胞生存率を維持できるとともに、マニュアルの場合よりも高速で再現性が高く、96サンプルを4時間で処理できます。(本文は英語です)

スイスのRocheにおけるADME Screening, Enzymology and Automation Groupの研究者たちは、mosquito®ナノリットルリキッドハンドリング装置をFreedom EVO®プラットフォームと統合し、超少量のサンプルに対して正確で精密なピペッティングを実現しました。(本文は英語です)

ドイツのInstitute for Molecular Pharmacologyのスクリーニング部門の研究者たちは、MultiChannel Arm™ 384の少量ピペッティング機能が、siRNAの研究や低分子化合物のスクリーニングに有用であることを示しました。(本文は英語です)

TecanとpION Inc.社は、Double-Sink™並列人工膜透過性アッセイ(PAMPA™) を使用した薬物透過性スクリーニング用に、pIONの PAMPA Explorer Test System™とTecanのマイクロプレートリーダーを組み合わせました。(本文は英語です)

ドイツ陸軍が全血中のAChE (アセチルコリンエステラーゼ)活性の測定を自動化しました。アセチルコリンエステラーゼの活性判定は、主に有機リン酸エステル中毒(偶発的または自殺行為による)の患者を分析することを目的としていますが、軍事衝突やテロ攻撃において神経ガスが使用された後や、職業上の健康診断にも適用できます。(本文は英語です)

ビデオ

セルベースアッセイ用Fluent™ラボラトリーオートメーションソリューション

分注の柔軟性により複雑なカスタムプロトコルを簡素化

アダプタープレートは稼働中にチップを取り付けたままでも交換可能

多用途なマルチチャンネルアームのチップ配列により、2倍希釈などの希釈が可能なため生産性が向上します。

1536ウェルプレートへの互換性のため、スループットが大幅に向上します。

暗所で温度制御されたインキュベーション、シェーキングにより複雑な細胞ベースのアッセイの自動化が可能です。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 02 / 細胞イメージングと分析
***************************************************************************************
***************************************************************************************

概要

Tecanのマルチモードマイクロプレートリーダーは、細胞イメージングの機能を備えており、幅広い細胞アッセイの分析に適しています。ハイコンテンツプレートリーダーを統合することで、刺激に対する細胞応答を直接観察することが可能になっているほか、フローサイトメトリを用いることで特定の細胞タイプを分離することも可能です。

主な利点

  • Tecanのマルチモードおよびシングルモードリーダーのシームレスな統合
  • 細胞に適した環境を確保することで最適な結果の提供
  • 拡張可能なソリューション – 半自動化からハイスループット化まで
  • パートナー企業とアプリケーションを共同開発し、完全なソリューションを提供

Spark® Cyto

Spark Cytoは蛍光画像およびサイトメトリ機能付きのマルチモードプレートリーダーであり、細胞数測定、トランスフェクション効率、細胞増殖、細胞生存率/毒性、細胞遊走、免疫蛍光測定、表現型細胞分析などのアッセイが可能です。生細胞イメージングを業界最先端の検出技術と組み合わせることで、定性的情報と定量的情報を統合し、細胞ベース研究用のユニークなマルチパラメータのデータセットを評価できるようになりました。

詳細はこちら

Flow cytometry

MACSQuant®シリーズ製品をTecanのリキッドハンドリングプラットフォームに統合すれば、細胞ベースのアッセイから貴重なデータを収集できます。

細胞生物学ワークフローでは、データの再現性を担保し正しい解釈を行う必要があり、定義された細胞コンフルエンスを揃える必要があります。

Miltenyi Biotec社のMACSQuantフローサイトメトリでは、最大3つのレーザーと10個の光学チャンネルを利用した、包括的なマルチパラメータのフローサイトメトリです。細胞の希釈から試薬の添加後の混合とシェイキングまで、サンプル調製手順はすべて完全に自動化されており、その後マイクロプレートがMACSQuantに移されて最終的な分析が行われます。

詳細を表示

High content readers

細胞ベースのハイスループットスクリーニングは、低分子化合物、miRNA、抗体、その他の化合物などへの刺激に対する細胞応答を調べるため、光学分析によって日常的に行われています。

ハイコンテンツスクリーニングの自動化に、標準化された細胞培養プロセス(培養、回収、播種、培地交換など)を組み合わせると、サンプル間およびユーザー間でのばらつきを抑えるのに役立ちます。

様々なハイコンテンツリーダー(Thermo Scientific社のArrayScan™、GE Healthcare Life Sciences社のIN Cell Analyzer、SynenTec社のCellavistaなど)を統合することで、Tecanのリキッドハンドリングプラットフォームを完全なソリューションにすることができます。

詳細を表示

Tecan Journal記事

Integrated knowhow
[TJ 01/2018]

過去20年の間に細胞分離は様々な研究分野で重要となり、Miltenyi Biotec社のMACS®技術が代表的な手法として、 20,000件を超える文献に引用されてきました。この技術は特定の抗体に共役された超常磁性微粒子を、特許取得済みのカラムと組み合わせることで、強力な磁場を利用して特定の細胞を分離できるため、抗体と結合した細胞と結合していない細胞の両方を分析に用いることが出来ます。(本文は英語です)

Spark® 10Mは2月のSLAS 2015における発表以来、ライフサイエンス業界の関心を集めており、世界中の研究者たちがこのゲノム研究、微生物学研究、細胞ベースアッセイなどに用いられています。(本文は英語です)

Karlsruhe Institute of Technologyでは、治療的用途におけるハイスループット細胞分離のプロトコルを、Freedom EVO® 200リキッドハンドリングプラットフォームで自動化しました。このプロセスは細胞生存率を維持できるとともに、マニュアルの場合よりも高速で再現性が高く、96サンプルを4時間で処理できます。(本文は英語です)

新しいSpark 10Mマルチモードマイクロプレートリーダーは、細胞生物学およびゲノミクス業界のお客様に、より高い柔軟性と生産性を提供するよう設計されています。このまったく新しいプラットフォームは、その高度な機能と卓越した使いやすさにより、微生物学研究や細胞ベースのアッセイから高速の核酸定量化まで、生産性の高い研究を提供します。(本文は英語です)

ビデオ

デッキ下部へのプレートリーダーの統合

Tecan Spark 20Mは、実験の半自動化が可能な明視野細胞イメージングとコンフルエンス測定の機能を備えているため、生産性の向上や実験の再現性を向上させられます。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 03 / 細胞培養
***************************************************************************************
***************************************************************************************

概要

Tecanでは従来式の単層培養から、3Dでの細胞培養や非常に繊細な幹細胞の培養まで、それぞれの用途に合わせたツールをご用意しています。培地交換、増殖、抗体産生などの日常的なプロセスは、すべて完全に自動化されています。

主な利点

  • 細胞を自然な環境で育てる – 自動の3D細胞培養
  • モノクローナル抗体産生の完全なワークフロー
  • 細胞継代の自動化によるスタッフの時間節約
  • 標準化による再現性の向上

3D cell culture

3次元で培養された細胞を用いることで、細胞ベースのアッセイ、細胞形態、増殖、代謝、および発現プロファイルの関連性を向上させられます。スキャフォルドの有無などからお好きなものを選択し、in vivoの環境に類似した環境を作り出せます。

詳細を表示

スキャフォルドベース: 3D Bloom® microtissues

CellSpringの3D Bloom Biopolymer Platformは、あらゆる細胞を使用して3D微小組織を生産できる特許技術です。自然由来の3D Bloom生体高分子が、細胞に無害なクロスリンクを可能にし、in vivoでの組織の挙動を忠実に模倣しながら、細胞間相互作用および細胞基質相互作用が可能な3D構造に構成します。TecanはCellSpring社との協力のもと、Freedom EVOプラットフォームでの3D Bloom細胞培養を自動化し、ハイスループットにアプリケーションを実行できます。

スキャフォルドベース: RAFT™collagen scaffold

TecanとTAP Sartorius社は、RAFT 3D細胞培養に対する自動化プロセスを開発しました。RAFTは現在、Lonza BioScience社から販売されています。特許取得済みのRAFTシステムは、96ウェルプレートを用いて,細胞にコラーゲンによる基質環境を提供します。プロトコルは細胞ベースのスクリーニング、イメージングなど幅広い細胞生物学なアプリケーションにおいて、高速で信頼性の高い無人処理を可能にするよう最適化されています。

スキャフォルドベース: Alvetex® scaffold

TecanはReproCELL社と協力しながら、Freedom EVO®での3D細胞生物学におけるAlvetex Scafoldの利用を自動化しています。96ウェルフォーマットのAlvetex scaffold、現在2D細胞生物学手法を利用しているあらゆる実験室で使用できます。細胞生物学的/分子生物学的技術や生化学的アッセイにおいてin vivoに類似した実験が可能になります。

スキャフォルドフリー: GravityPLUS™

Tecanは生体模倣薬物検査に用いられる器官型3D微小組織スフェロイドの大手サプライヤであるInSphero社と協力しながら、スキャフォルドフリー3D細胞培養システムをサポートしています。細胞は96well GravityPLUS™プレートを使用して、ハンギングドロップで培養されるため、人工的なマトリックスやプレート表面に一切接触することなく、効率的で信頼性の高いスフェロイド形成が可能になります。96ウェルGravityTRAP™アッセイプレートにより、微小組織はウェルの中央に配置されるため、Infinite® 200 PROのようなマルチモードリーダーを用いたアッセイが可能です。

 

Antibody production

手間のかかる抗体産生プロセスの生産性が向上します。

数多くの抗原に対して抗体を産生するには多くの時間がかかるプロセスであり、細胞融合、ハイブリドーマの選択、細胞増殖といった多くの手順が必要になります。これらの手順をすべて、または最も手間のかかる処理工程だけでも自動化すると、生産性が大幅に向上するため、1つの施設で年間に数千ものモノクローナル抗体を産生できるようになります。

Cell maintenance and expansion

専用のツールと装置を使用して、培地交換、細胞播種、培養、アッセイ準備などのボトルネックを自動化します。

培養容器

1~1'536のウェルプレート、チューブ、トランスウェルプレート

ロボティクス

プレート、フタおよびインサートの操作、チューブの操作、プレートの傾斜。

保管

大容量CO2インキュベーター、ワークデッキインキューベーター、消耗品ストレージ(カルーセル、スタッカー)

イメージング

コンフルエンス測定、セルカウント

生物学的封じ込め

HEPAフィルターとUV保護を備えた無菌環境、またはクラスIIバイオセーフティキャビネット。

詳細を表示

Stem cells

繊細な幹細胞を自動的に処理することで、再現性のある結果が得られます。

支持細胞の有無を問わず、多能性細胞および分化細胞の培養はいずれも、装置を無菌環境内に設置することで完全に自動化できます。望ましくない自然分化は、インテグレートされた装置によって追跡されます。このシステムは少量の成長因子、サイトカイン、その他の添加物のピペッティングも行えるほか、培地やバッファの大量分注も可能になっています。

Tecan Journal記事

A 3D revolution
[TJ 02/2016]

新しい3D細胞培養プラットフォームは、ヒト組織の挙動に類似した微小組織を、あらゆる細胞タイプから生成することを可能にします。この特許技術は自動化が容易で、ハイスループットのアプリケーション向けに、スピードと多用途性を両立し実験の再現性を向上させます。(本文は英語です)

Seeing more clearly
[TJ 02/2016]

全世界で数百万人の人々が変性眼疾患を抱えており、進行性の視力低下や場合によっては完全な失明を引き起こしています。オーストラリアの研究者たちは幹細胞を利用して、一般的な眼疾患の影響を食い止め、さらに回復もさせるための方法を研究しています。(本文は英語です)

Karlsruhe Institute of Technologyでは、治療的用途におけるハイスループット細胞分離のプロトコルを、Freedom EVO® 200リキッドハンドリングプラットフォームで自動化しました。このプロセスは細胞生存率を維持できるとともに、マニュアルの場合よりも高速で再現性が高く、96サンプルを4時間で処理できます。(本文は英語です)

TecanとTAP Biosystems社は、TAP社のRAFT™細胞培養技術をFreedom EVO®ワークステーションで自動化することにより、自動の3D細胞培養スクリーニングプラットフォームを作り上げました。このシステムはin vivo様のコラーゲン基質濃度を利用して、天然組織を忠実に模倣した環境内で細胞の成長と増殖を守るとともに、自動化されたリキッドハンドリングによって信頼性とスループットも向上させています。(本文は英語です)

ドイツのフライブルグに拠点を置くOncotest GmbH社は、前臨床薬理学委託研究を専門としており、Reinnervate社製のポリスチレンベースAlvetex® Scaffold 96ウェルプレートを使用して、Freedom EVO®ワークステーションでの3D細胞培養を自動化することに成功しました。(本文は英語です)

TecanとInSphero社は、Infinite® M200 PROおよびInSphero社の3D InSight™微小組織技術を基盤とした、3D細胞培養を分析する新しいソリューションを開発しました。このソリューションは、薬物のスクリーニングにおいて3D細胞培養を利用できるように設計されており、創薬の初期段階のコスト削減に役立っています。(本文は英語です)

ビデオ

3D Bloom Microtissues – 3D細胞培養の新しい段階

細胞接種から培養細胞の生成まで、ヒドロゲルRAFTを調整する方法

Alvetex Scaffoldによる3D細胞培養の概要

細胞骨格構造の共焦点イメージング

Tecan Spark 20Mは、新しく自動の明視野細胞イメージングとコンフルエンス測定の機能を備えています。

接着力の弱い細胞の穏やかな洗浄

サンプル追跡のためのバーコード読み取り機能を備えた大容量カルーセル

試薬は密閉容器に清潔に保管できます。洗浄式固定チップのピッシングにより、コンタミネーションを防止します。

暗所で温度制御されたインキュベーション、シェーキングにより複雑な細胞ベースのアッセイの自動化が可能です。

分注のための中断なしで、細胞をシェーカー上のディープウェルプレート内に懸濁状態のまま維持することができます。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 04 / クローニングとトランスフェクション
***************************************************************************************
***************************************************************************************

概要

遺伝子のトランスフェクションでは、細胞へのトランスフェクション効率にかかっています。Tecanではリポフェクションなどの標準的手法からヌクレオフェクション法まで、完全に自動化されたトランスフェクションを可能にしています。その後の最適なクローンの選択は、統合されたコロニーピッキングまたは細胞分離装置で行われます。

主な利点

  • タンパク質の効率的なトランスフェクションおよび発現
  • 最短時間で正しいクローンをピッキング
  • 細胞株の開発時間の短縮
  • パートナー企業とアプリケーションを共同開発し、ソリューションを提供

Efficient colony picking

細菌、菌類、藻類、ハイブリドーマ、哺乳類細胞コロニーの簡単で信頼性の高いピッキング。

クローニングおよび細胞株樹立ワークフローの中で、特に多大な労力を必要とし、ヒューマンエラーが発生しやすい手順を自動化します。Tecanのリキッドハンドリングプラットフォーム専用に設計されたSciRoboticsのPickolo™Colony-Pickerは、NAPやPCRのセットアップ、タンパク質精製などのアップストリームおよびダウンストリームの実験とシームレスに統合化できます。

主な利点:

  • 高速パフォーマンス– Freedom EVOで1時間あたり最大800コロニー、空気FCAを装備したFluentで1時間あたり最大1000コロニー
  • 色、直径、サイズなどを基準とした柔軟性なコロニー選択
  • 直観的に操作できるピッキングプロファイル作成 – 最も好ましいコロニーをクリックするだけ
  • 各種ソースプレートに対応ーペトリ皿、SBS/ANSIフォーマット
詳細を表示

Automated spiral plating and streaking

ペトリ皿による接種の自動化ソリューションをインテグレートすると、クローニングと微生物スクリーニングのワークフローを完成させることができます。

特に段階希釈の調製を考慮する場合、手動でのプレーティングは手間がかかります。SciRobotics PetriPlater™とTecanのリキッドハンドリングプラットフォームを組み合わせることで、プレーティングをハイスループット化できて、担当者の時間を節約できるカスタマイズソリューションを実現できます。

詳細を表示

スパイラルプレーティング

1枚のプレートでコロニーカウント用のさまざまな希釈をセットアップ:

  • 均一な回転速度 – 1:6の希釈が可能
  • 回転速度を上げる – 1:20~1:50の希釈率に対応
  • 回転速度を下げる – 均一なサンプル希釈を実現
  • 分割プレーティング – 1つのプレート内でさまざまなサンプル希釈を行い、スペースと時間を節約

スパイラルストリーキング

  • コロニーが空間的に分離されるため、信頼性の高いコロニーピッキング実験が可能
  • チューブやディープウェルプレート、さらにペトリ皿まで(Pickolo™ Colony-Pickerとの併用)、さまざまなフォーマットのサンプルに対応
  • 尿、血液、スワブ、その他のサンプルタイプのストリーキングに最適

拡張可能なソリューション

  • シングルチャンネル分注アーム搭載Freedom EVO® 75、PetriPlater、ペトリ皿ストレージを含む、専用のコンパクトかつコスト効率の高いソリューション
  • 機能の追加 – Pickolo Colony-Pickerと組み合わせることで、微生物学や合成生物学のワークフローが完成
  • より大型のFreedom EVOまたはFluent®ワークステーションを活用することで、コロニーのプレーティングとストリーキングを他のアップストリームおよびダウンストリームアッセイと統合可能

コスト、スペース、時間の節約

  • ロボットアームが1時間あたり最大60枚のペトリ皿を処理
  • 1枚のペトリ皿で異なる希釈のプレーティングを行うことで、処理時間、消耗品のコスト、スペースを節約
  • 段階希釈の自動化によりワークフローの自動運転が可能

Reproducible transfection and expression

細胞およびトランスフェクションミックスの調製からトランスフェクションプレートのインキュベーションまで、さまざまなタイプの細胞をトランスフェクションする時間と労力のかかるプロセスをすべて自動化します。

Spark Cytoマイクロプレートリーダーは、蛍光および発光検出、蛍光ベースの細胞イメージング機能を使用して、トランスフェクション効率とレポーター活性用にプレインストールされたメソッドを提供します。

Tecanのワークステーションには、リポフェクタミン、リン酸カルシウム、またはポリエチレンイミン(PEI)をベースとしたトランスフェクション、あるいはLonzaのNucleofector® 96ウェルShuttle™システムのどの方法を使用する場合も、自動トランスフェクションについて信頼できる実績があります。Tecanの機器はsiRNAスクリーニングにも使用されます。

核酸コンストラクトの作製と発現は、多くの場合、標準化されたキットを使用して行います。Tecanは代表的なキットメーカーとともに最適な自動化プロトコールを開発しています。ワークフローの中でクリーンベンチまたはクラスIIバイオセーフティキャビネット、CO2インキュベーター、サンプルあるいは試薬を安定化するための温調機器、イメージング機能付マルチモードリーダーを必要とする場合も、Tecanはそれらを組込んだカスタムソリューションを提案します。

詳細を表示

Reliable clone selection

ランダムに作製される細胞株のプールから最適なクローンを素早く見つけることができます。

細胞株の樹立は生物学的に生産される治療薬開発で最も重要な部分ですが、研究と生産のために安定した治療薬産生細胞株を作製することは、依然としてある程度偶然に左右されるプロセスです。このプロセスの最も重要でありながら一貫性のない作業は、ランダムに作製された細胞株のプールから最適なクローンを選別することです。

限界希釈プレーティング、プレート複製、シングル細胞のクローンの評価、クローンピッキング、ELISAを用いた発現スクリーニング、タンパク質定量化、およびさまざまなタンパク質特性評価法に自動化を適用することで、開発時間を短縮し、データやプロセスの記録に関する規制要件を満たすことができます。

詳細を表示

Safe cell separation

ハイスループットな細胞および生体分子の分離・分析用の、ユニークで包括的なソリューションをご覧ください。

TecanはMiltenyi Biotec社と提携しています。細胞の分離を行えるMultiMACS™ Cell24 Separator Plusやウイルスおよび生体分子 (核酸やタンパク質など)を二次汚染の問題なく単離できるMultiMACS M96thermo Separatorを選択可能です。

主な利点:

  • Freedom EVOware®へのシームレスなソフトウェア統合
  • 非接触分注によるクロスコンタミネーションの防止
  • 柔軟な24ウェルおよび96ウェルフォーマット対応
  • ウイルス、細胞、核酸、タンパク質などを分離
詳細を表示

Tecan Journal記事

全世界で増加している抗菌薬耐性の問題により、食品メーカーには家畜飼料の添加物としての予防的抗菌薬の使用をやめるようにというプレッシャーが高まっています。これによって生じる家畜の健康への潜在的なリスクに対処するため、Agro BioSciences社では鶏、豚、牛の腸内に存在する微生物叢の力を利用して、病原体の増殖を食い止める試みを行っています。(本文は英語です)

Designer proteins
[TJ 03/2015]

モントリオール大学の研究者たちは、TecanがSciRobotics社と共同で行った、合成生物学向けのDNA集合体プロトコル自動化を導入しています。この大学のシステム生物学科およびシステム生物学研究科では、Freedom EVO® 200をPickolo™ Colony-Pickerなど様々なコンポーネントと組み合わせることで、スループットと信頼性を高めた合理的なクローニングワークフローを構築しています。(本文は英語です)

スペインのエネルギー企業Repsol社では、無人運転の時間を延ばすことが業務に不可欠なため、2台のFreedom EVO®プラットフォームとTecanの350µlディスポチップを利用して、代替エネルギー資源の研究を行っています。(本文は英語です)

ロシアは近年バイオテクノロジーとライフサイエンスが急速に発達している地域であり、中でも食品と農業が主な焦点分野になっています。ここでは、食糧生産における微生物学の対象的な役割について研究している複数の実験室をご紹介します。これらの実験室はいずれも、ワークフローにTecanの装置を採用しています。(本文は英語です)

実験室の自動化およびLIMSの専門家であるMejoran Lab Automation社は、Freedom EVO® 150プラットフォームにSciRobotics Pickolo™ Colony-Pickerを統合して自動の真菌コロニーピッキングを行える手法を開発しました。この革新的なコロニーピッキング法により、ダウンストリームの一貫した品質の微小接種生菌を生産し、詳細な調査を可能にする突然変異体の選択にかかる時間を1週間から1日に短縮させました。(本文は英語です)

石原産業の中央研究所のライフサイエンス実験室では、TecanのFreedom EVO® 200ワークステーションを利用して、効率的なsiRNAトランスフェクションを行う自動化プロトコルを開発し、small RNAライブラリに対する効率的で高スループットなスクリーニング方法を開発しています。(本文は英語です)

Freedom EVO®システムおよびSciRobotics社のPickolo™コロニーピッカーによる自動化は、Evogene社における遺伝子クローニングとコロニーピッキングのワークフローを刷新し、効率に優れた信頼性の高いクローニングプロセスのトラッキングを実現し、年間のクローン生産量を増加させています。(本文は英語です)

TecanとAmaxa GmbH (現Lonza社)は、Amaxa Nucleofector® 96ウェルShuttle® SystemをTecan Freedom EVO®リキッドハンドリングワークステーションと統合することに成功し、初代細胞およびトランスフェクションが困難な細胞株(非分裂ニューロンやT細胞など)の、siRNA、DNA、その他の基質による自動化された高スループットなトランスフェクションを可能にしました。(本文は英語です)

ビデオ

Freedom EVO®でのPickolo™によるコロニーピッキング

96ウェルから384ウェルのマイクロプレートへの精密なヒットピッキング

Webinar: Automate colony picking and forget about toothpicks




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 05 / カタログ・資料
***************************************************************************************
***************************************************************************************

カタログ

細胞の維持や細胞ベースのアッセイから生細胞イメージングまで、様々な細胞生物学ワークフローに合わせてカスタマイズされたソリューションをご覧ください。

セルベースアッセイ - カタログ

TecanはpION Inc.社との提携により、pION Double-Sink™並列人工膜透過性アッセイ(PAMPA™)およびμSOL™溶解性アッセイを利用した、ハイスループットの薬物透過性スクリーニングを行う自動ソリューションを提供しています。TecanのFreedom EVO®ワークステーションとInfinite® M200 PROマイクロプレートリーダーの柔軟性を、PionのGut-Box™マイクロプレートスターラーおよびPAMPA Evolution™技術と組み合わせることで、薬物スクリーニング用の完全なソリューションを構築できます。

Tecanでは、プロセスの効率性とスループットを最大化する様々な自動ADMEスクリーニングシステムを開発しています。これらのシステムは、自動化された細胞透過性、化合物特性評価、in vitro薬物代謝、および細胞培養におけるリキッドハンドリングプラットフォームを基盤としています。

セルベースアッセイの複雑なワークフローをよりシンプルかつ効率的に、そして円滑に(フルーエント)に自動化します。

セルベースアッセイ - アプリケーションノート

Fraunhofer IME社では、96ウェルプレート用のPluricyte心筋細胞分化キットプロトコルを採用し、Fluent自動ワークステーションを利用して化合物関連の心毒性作用のスクリーニングプラットフォームを開発しました。(本文は英語です)

異なる3種類のCYP酵素を使用した384ウェルマイクロプレートでのCytochrome P450スクリーニングアッセイ自動化(本文は英語です)

このアプリケーションノートで紹介するデータは、タンパク質ベースアッセイへのD300e Digital Dispenserの適合性を強調しています。(本文は英語です)

D300e Digital Dispenserを用いた場合の結果は、手動プロセスで得られるものと一致しており、作業時間も大幅に短縮され、段階希釈も不要になります。(本文は英語です)

Fluent®ラボラトリーオートメーションソリューションでは、完全自動のHDACに関するアッセイを実行できます。このアッセイでは、10種類の段階希釈された化合物を1プレートあたり3つずつ用意し、選択的ヒストンデアセチラーゼに対する阻害効率を測定します。(本文は英語です)

細胞ベースのGタンパク質共役受容体(GPCR)アッセイを高いスループットで実行できることは、創薬プロセスの鍵となります。細胞ベースのアッセイ用に構成されたFluent®ラボラトリーオートメーションソリューションを、DiscoverX PathHunter® β-Arrestin Human and Ortholog GPCRアッセイキットと組み合わせることで、ハイスループットな384ウェルプレートベースのアッセイを実行できます。(本文は英語です)

8種類の化合物セットの成長阻害効果(GI50)を、Fluent®ラボラトリーオートメーションソリューションで4種類の細胞株について調べました。(本文は英語です)

CisbioのEPIgeneous™細胞ベースアッセイは、Fluent®ラボラトリーオートメーションソリューションを利用すると簡単に自動化できます。最適なアッセイ条件を確認するため、3種類の細胞株で4種類の細胞数を用いて、様々な条件下でのTotal H3に対するH3K27Me3レベルを測定しました。(本文は英語です)

多くの実験室ではサンプル数の増加により、リキッドハンドリングプロセスを自動化し最適化することを視野に入れています。実験室が自動のリキッドハンドリングシステムを構成する際に直面するジレンマとして、設置スペースと予算に対してシステムの収容能力や機能とのバランスをとることです。(本文は英語です)

TecanのInfinite® M200 PROマルチモードマイクロプレートリーダーで行うPAMPA Explorer Test System™は、候補薬物分子のヒト空腸透過性(GIT)と血液脳関門(BBB)取り込みの両方を、人工リン脂質膜の透過性測定で正確にモデリングする、高速で信頼性の高いシステムとなります。(本文は英語です)

セルベースアッセイ - ポスター

濃度依存的なアッセイと濃度を一定に様々な化合物のアッセイを384ウェルマイクロプレートフォーマットで組み合わせた、シトクロムP450のスクリーニングです。

384ウェルマイクロプレートフォーマットで凝固因子IIa阻害剤を同定するための、蛍光トロンビンアッセイを自動化します。

細胞イメージングと検出 – カタログ

Sparkマルチモードマイクロプレートリーダーのプラットフォームは、様々なライフサイエンス研究や創薬に適したソリューションを提供します。このプレートリーダーは研究者が現在のニーズに合わせて自由に構成することができるうえ、アップグレード可能なため、将来的に他の機能も追加できます。

細胞イメージングと検出 - アプリケーションノート

Sparkマルチモードマイクロプレートリーダーおよび細胞イメージングモジュールに加え、SparkControlソフトウェアにおけるCell Counting and Cell Viabilityアプリケーションの機能と利点について説明します。(本文は英語です)

Sparkリーダーの優れた性能を、他社による2種類のマルチモードリーダーと比較して紹介します。Cy5に類似する蛍光スペクトルを持つ近赤外蛍光染料Alexa Fluor 647での検出限界を、各装置をモノクロメーターモードでテストしました。(本文は英語です)

細胞カウント、細胞生存率測定、およびサイズ分布の判定は、ダウンストリーム実験での細胞継代培養からバキュロウイルスに感染した昆虫細胞による組み換えタンパクの生成や幹細胞の分化能判定まで、さまざまな作業において日常的に行っています。TecanのSparkマルチモードリーダーは、統合された明視野細胞イメージングモジュールを備えています。この特許出願中のシステムを、使いやすい使い捨てのCell Chip™と併用することで、ラベルフリー細胞数測定、粒度分布測定、トリパンブルーベースの細胞生存率解析が可能になります。この研究では、組み換えSf21培養細胞での最適なタンパク質産生速度を決定するため、細胞濃度、細胞生存率、およびサイズ分布の分析が行われました。(本文は英語です)

高発現クローンの同定および分離、候補遺伝子のノックダウン、小規模な抗体やタンパク質の産生など多くの細胞生物学用途において、細胞株は単一の細胞由来であること、すなわちモノクローナルであることが重要です。専用の自動顕微鏡システムは非常に高価でかつ操作が難しいため、モノクローナリティーの検証はしばしば手動の顕微鏡検査によって行われています。(本文は英語です)

細胞イメージングが統合されたTecanのSparkマルチモードマイクロプレートリーダーは、品質チェックと細胞コンフルエンス用の正規化の機能を備えているため、細胞ベース研究の自動化を促進します。(本文は英語です)

細胞遊走は多細胞生物の発生および維持の中心となるプロセスであり、胚発生中の組織形成、創傷治癒、および免疫反応には重要な現象です。(本文は英語です)

細胞イメージングと検出 - ポスター

マルチモードリーダーはこれまで、温度制御を利用して加温できるだけで、室温以下に設定することはできませんでした。このため酵素アッセイなどの温度感受性実験では問題が生じることがあり、結果の再現性に影響が出ていました。さらに測定中におけるプレートの温度上昇により、実験の精度も低下する場合があります。TecanのSpark®プラットフォーム用Te-Cool™モジュールは、この問題に対処する初のマルチモードリーダー用空調システムです。このユニークな装置は測定チャンバーを冷却できるため、チャンバーを18~42 °Cの温度に設定して、 全世界どこでも季節を問わず、どの実験室でも毎回安定した条件を確保できます。

細胞培養において、コンフルエンス測定は重要なパラメータであり、ウェル内または培養フラスコ内の細胞密度の指標として、接着細胞の割合を推定するためによく使用されます。一部の細胞株はコンフルエンスの程度によって、増殖速度や遺伝子発現に関して異なる挙動を示します。このため、一貫した細胞コンフルエンスの測定と細胞数の推定は、再現性のあるアッセイを実現し実験データを正確に解釈するために重要となります。ただし顕微鏡を使用した視覚的な細胞イメージングは、人の感覚で評価するためばらつきが出たり,特定のコンフルエンスでの実験もタイミング的にも困難です。この問題に対する解決策が、Spark® 20Mマルチモードリーダーで可能になる自動細胞コンフルエンス測定です。

細胞培養 - アプリケーションノート

This application note compares accuracy and reproducibility between manual and automated seeding of adherent cells in 96-well microplates using the Fluent Automation Workstation. We show how the Fluent platform can successfully increase productivity while achieving high quality results.

This application note describes optimized protocols for the maintenance and reprogramming of patient-derived fibroblast cells into induced pluripotent stem cells (iPSCs) and their differentiation into retinal cells using the Freedom EVO® platform.

This application note describes the automated production and growth of single spheroids in ultra-low attachment (ULA) Corning 96-well spheroid microplates on a Fluent Automation Workstation, using a Multiple Channel Arm™ (MCA) for cell seeding and medium exchange.

自動化を利用して、卵巣がん細胞モデルにおける3D Bloomの微小組織の状態と薬効スクリーニングを最適化します。(本文は英語です)

CellSpringの3D Bloom微小組織プラットフォームは、3D細胞培養の有望な新技術です。これは実質的にあらゆる細胞タイプの微小組織の生成に利用できます。3D Bloomのスキャフォルド内での高速な細胞の集合により、他の手法では数時間から数日かかる作成をわずか30分で行うことができます。(本文は英語です)

TAP Biosystems社(現在はSartorius社の一部)は、3D細胞培養技術であるRAFT™ (Real Architecture for 3D Tissue)を開発し、初代細胞を含む任意の細胞タイプをin vivo様の環境内で培養することを可能にしました。このアプリケーションノートでは、HCT-116がん細胞株を用いて、4つの96ウェルRAFT細胞培養プレートを自動的にサンプル調整できる手法を紹介します。ここでは抗腫瘍化合物ドキソルビシンを用いた細胞の生存率と応答を、RAFT 3D培養細胞および従来式の2D培養細胞で比較します。(本文は英語です)

TecanとTAP Biosystems社は、RAFT™細胞培養を準備するための自動プロセスを開発しました。モジュール式自動化機能を備えたFreedom EVO®システムを実装することで、実験の汎用性と分析の柔軟性が高まります。このアプリケーションノートでは、播種後11日間の培養期間で得られた初代新生児ヒト皮膚線維芽細胞の細胞生存率および増殖のデータを紹介します。(本文は英語です)

過去2年間の技術の進歩により、in vivo環境に類似した3D スキャフォルドを製作し、実験室で簡単にかつ日常的に利用することが可能になりました。Alvetex®Scafoldでは細胞を自然なin vivoにも見られる細胞間相互作用の中で培養できるため、3次元増殖と生体組織における毛細血管に匹敵する栄養交換能に相当する環境を提供できます。(本文は英語です)

TecanのInfinite® M200 PROをInSphero社のorganotypic microtissue tumor modelと組み合わせることで、複雑な3D細胞培養モデルにおける薬物感受性を評価するシステムを構築できます。これによって細胞増殖研究などの長期的な分析が可能になり、再現性のある測定を行うことができます。(本文は英語です)

このアプリケーションノートでは、培養細胞の一貫した品質が不可欠なバイオ医薬品および細胞治療の用途における、自動幹細胞培養の可能性をご紹介します。(本文は英語です)

マルチウェルプレートによるさまざまな細胞株の自動プロトコールを確立します。

英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の生物化学工学科の研究者たちは、幹細胞培養を特注のFreedom EVO® 100プラットフォームで自動化しました。手動による方法と比較した場合の利点は、一貫性と再現性の高さ、汚染からの細胞保護性能の向上、および操作者の安全性の向上です。(本文は英語です)

フラスコ処理装置(Flask Flipper)を装備したTecanのFreedom EVO®リキッドハンドリングプラットフォームを使用して、ロボット対応のCorning® RoboFlask™細胞培養フラスコで培養した様々な接着細胞を回収するプロトコルを応用または確立する際のガイドとなります。(本文は英語です)

細胞培養 - ポスター

TAP Biosystems社(現在はSartorius社の一部)とTecanは、スループットの向上、混合手順の促進、および信頼性の向上を可能にしつつ、細胞生存率、再現性、実験の多用途性、分析の柔軟性を維持できる自動プロセスを共同で開発しました。(本文は英語です)

このプロジェクトでは創薬プロセスにおける3D技術の利用を単純化するため、リキッドハンドリングロボットを利用したハイドロゲルベースのモジュール式3D細胞培養システムの自動化についてテストを行いました。手動生成されたハイドロゲルに匹敵するものであることが確認されました。(本文は英語です)

Oncotest社では、様々な組織の種類と特定腫瘍を表す300を超える腫瘍異種移植片モデルなど、独自のレポジトリを保持しています。同社では数多くの3D細胞培養プラットフォームを評価したうえで、単純さ、採用コストの低さ、そして腫瘍細胞毒性に加え翻訳レベルと転写後レベルでの薬物作用機序も研究できるAlvetex® Scaffold 96を選択しました。(本文は英語です)

クローニングとトランスフェクション - アプリケーションノート

モントリオール大学のThe Institute for Research in Immunology and Cancer (IRIC)は、Freedom EVO®ワークステーションで完全な自動化クローニングワークフローを確立しました。このシステムは、完全に自動化された様々なDNAフラグメントや、ANSI/SLAS形式のプレートでカスタマイズされたプレーティング、コロニーピッキングとPCRセットアップおよびプレーティングを実行し、実験のスループットの大幅な向上を実現します。(本文は英語です)

Freedom EVO® 150ワークステーションをSciRobotics社のPickolo™ Colony-Pickerモジュールとインテグレートすると、菌類の選択や培養条件の最適化を行うためのソリューションを構築できます。Freedom EVOワークステーションでは、ユーザーが選択した基準に基づいて菌類コロニーを簡単に同定、選択、ピッキングすることができ、以降の実験ではPickolo独自のピッキング手順により、微小接種菌の100%増殖が達成されました。(本文は英語です)

Lonza社によるNucleofector®技術は、特に幹細胞、Tリンパ球、非分裂ニューロンなどの、トランスフェクションが困難な細胞株および初代細胞向けに設計されています。NucleofectorをTecanのFreedom EVO®リキッドハンドリングプラットフォームにインテグレートし、トランスフェクションのプロセスを完全に自動化する方法について説明します。(本文は英語です)

クローニングとトランスフェクション - ポスター

標的の同定や検証といったRNAiベースのアプリケーションに初代細胞を利用するには、非常に効率の良いトランスフェクション技術を、自動システムと組み合わせる必要があります。こうした要件を満たすため、TecanではAmaxa™ Nucleofector™ 96ウェルShuttle®システムを、Tecan Freedom EVO®細胞トランスフェクションワークステーションにインテグレートしました。

セルバイオロジーのカスタマイズソリューションをお考えですか? こちらをクリックしてごご覧ください。
 

研究用途向けです。