スクリーニングとリード化合物の最適化

数千または数百万の化合物のライブラリをスクリーニングし、最も有効な分子を発見するには、自動化システムの信頼性が不可欠です。Tecanは、セルベースおよびイムノアッセイのハイスループット自動化における長年の実績があります。サードパーティーデバイスを統合する機能を備えた高い柔軟性と拡張性に優れた2種類のリキッドハンドリングシステムによって、スクリーニング作業用のスループット、速度、トレーサビリティを実現します。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 01 / アッセイセットアップと分析
***************************************************************************************
***************************************************************************************

概要

自動化は複雑に聞こえますが、Tecanのソリューションを使うと簡単になります。プロセスのセットアップが簡便になり、簡単に再配置が可能なデッキレイアウト、専用ソフトウェア、自動サンプルトラッキングも活用できます。

主な利点

  • プロセスのセキュリティを確保する統合型またはハンドヘルドのバーコードリーダー
  • プロセス全体で化合物、プレート、またはチューブを追跡する自動サンプルトラッキング
  • スループットのニーズを満たす拡張性に優れたデッキ収容量

コンスタンツ大学の分子生物学部のコメント:
「1ウェルあたり80 µlの細胞懸濁液を使い、384ウェルマイクロプレートでスクリーニングアッセイを開発しました。この少ない反応量は、スクリーニング用途に最適で、大規模な研究をコスト効率よく実行できます」
“Nanoliter liquid transfers aid search for new antibiotics” の詳細はこちら

Robust, flexible, proven – Freedom EVO®

1台のリキッドハンドリングプラットフォームでアッセイを最適化し、ロースループットからハイスループットまで必要に応じてスケールアップ

  • 96チャンネルから384チャンネルへ迅速に変更
  • 複数のワークステーションを組み合わせ、超ハイスループットの理想的な環境を構築
  • 完全なサンプルトラッキング
  • 複雑なワークフローのスケジューラー
詳細はこちら

Efficiency, capacity, speed – Fluent®

ラボの自動に新たなレベルのインテリジェンスとスピードを

  • ラボスペース1平方メートルあたりの生産性を向上
  • 卓越したデッキ収容量とストレージのオプションで、自動運転時間を最大化
  • パラレルなアーム動作で、より短い時間でより多くの作業を実行
  • デッキ下部に機器をインテグレーションしラボスペースを節約
詳細はこちら

MorphoSys AGのDiscovery, Alliances and Technologies Departmentのコメント:
「[D300e]を導入することにより、特に微量分注における精度が高まり、データ品質が向上し、多くの研究室で実験の幅が広がりました。」
"Step-by-step automation" の詳細はこちら

D300e Digital Dispenser for IC50/EC50

デジタルディスペンサーによるIC50アッセイプレートのセットアップで、貴重なサンプル、プレート、消耗品、希釈液の無駄を防ぎます。

  • エッジエフェクト、キャリーオーバー、または分注エラーを防止
  • 酵素プロファイリングを最適化
  • 複雑なアッセイプロトコルを簡単にセットアップ
詳細はこちら

On-board detection

TecanのSpark®マルチモードリーダーを使い、吸光、蛍光、および発光測定を実行するか、 ハイコンテンツリーダーをインテグレーションして、光学アッセイでハイスループットスクリーニングを補完します。

  • QuadX Monochromators™テクノロジー
  • 独自のTe-Cool™モジュールにより、毎回比較可能なデータ用を提供するためにリーダーの温度を環境温度より低く設定
  • 生細胞イメージング用のコンフルエント測定および正確なセルカウント測定の統合型顕微鏡
詳細はこちら




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 02 / スクリーニングーセルベースと生化学
***************************************************************************************
***************************************************************************************

概要

貴重なサンプルの処理を簡素化し、セルバイオロジー用装置をシームレスに統合し、複雑なアッセイを自動化し、生産性と信頼性の向上を実現します。

主な利点

  • 日常的に再現可能なデータ
  • ハンズオン時間の短縮
  • 包括的な自動化ソリューション

Fraunhofer IMEのScreeningPortのコメント:
「得分野のひとつは分子標的アッセイです。これは生化学アッセイでもセルベース アッセイでも実施しています。また、フェノタイプ アッセイも数多く手がけています。そのため装置には、各プロジェクトの進行と必要に応じて即座に多様なアッセイフォーマットへの切り替えができる柔軟性を求めています。」
"Confidence in drug discovery" の詳細はこちら

Cell-based and biochemical screening

セルベースアッセイの性能を最適化するよう特別に設計された広範な機能を備え、スムーズにスループットを向上し、ワークフローを合理化し、精度と信頼度の高い結果を提供します。

詳細を表示

ハイライト

  • PathHunter® β-arrestin GPCRアッセイの堅牢性と信頼性を向上
  • HTPエピジェネティックアッセイを簡素化
  • 化合物プレート10枚およびトロンビンアッセイプレート20枚を5時間以下で処理
  • 高密度データ用にライブラリのスクリーニングと用量反応曲線を自動化する方法をご覧ください

Monitor cell migration

細胞遊走の異常は、がん、アテローム性動脈硬化症、関節炎を含むさまざまな疾患に関連しています。したがって、細胞遊走を理解し、細胞の1地点から他の地点までの遊走をトリガーする生物学的事象を理解することが、セルベースの研究の重要な焦点です。細胞遊走をモニタリングするための、Spark®マルチモードリーダーのイメージング機能をご覧ください。

詳細はこちら

Label-free and real-time

ハイスループット形式での生体分子相互作用のリアルタイムで完全に自動化されたモニタリング。 TecanとPallFortéBioは、Octet®プラットフォームをベースにしたDip and Read™バイオセンサーアッセイを自動化し、FreedomEVO®プラットフォームにインテグレートしました。

詳細はこちら




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 03 / イムノアッセイ
***************************************************************************************
***************************************************************************************

Power up your ELISA

Tecanは、酵素免疫測定法(ELISA)の分野において20年余の経験があり、市場で最も強力なシステムの1つを提供し続けています。Freedom EVOware® Plusダイナミックスケジューリングソフトウェアにより、サンプルの分配からアッセイシグナルの検出まで、ハンズフリーの自動化を実現できます。

  • ELISA
  • 酵素イムノアッセイ(EIA)
  • ラジオイムノアッセイ(RIA)セットアップ
  • 蛍光イムノアッセイ(FIA)
詳細はこちら

デンマークのNovo Nordiskのコメント:
「1日あたりのスループットが約35,000件のテストに相当し、全自動化および半自動化のセットアップを組み合わせて使うことで迅速な所要時間を実現しながら、変化するプロジェクトの優先順位に柔軟に対応できます」。
"Flexibility for speed"の詳細はこちら

High throughput immunoassays

イムノアッセイを新しいレベルのスループットおよび感度に向上します。Siloam OptiMax™ の自動化プレートを、Tecanのリキッドハンドリングプラットフォームの高精度分注と組み合わせ、サンプルや試薬の添加からインテグレートされたマルチモードリーダーの化学蛍光シグナルの測定まで、ELISAを完全に自動化します。

詳細を表示

ハイライト

  • ワークフローを簡素化し、洗浄が不要
  • 試薬の消費を削減
  • 一般的な96ウェルのマイクロプレートフォーマットに対応
  • アッセイ時間を200倍短縮、5分間で90%の結合
  • 0.5 µlまでの高精度微量分注
  • 試薬の添加とインキュベーション時間を正確にスケジューリングすることで高再現性を実現




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 04 / タンパク質特性評価
***************************************************************************************
***************************************************************************************

Convenient and robust in-gel protein digestion

Freedom EVO® Protein Digestワークステーションは、 ゲルプラグの脱塩、還元、アルキル化、トリプシンのゲル内消化、ペプチドの抽出およびMALDIターゲットへのスポッティングなど、MALDI-TOF分析のためのタンパク質消化の完全自動化を可能にします。システムでは、MALDIスポッティングを含め、1日あたり192サンプルまで処理できます。

詳細はこちら

Thermo Fisher ScientificのResearch & Development Managerのコメント:
「[…]ワークステーションの多用途性が、本当の利点です。必要なすべての装置とラボウェアを機器の大きなワークデッキに統合し、完全な自動運転サンプル調製を実施できます」。
"Large molecule bioanalysis simplified" の詳細はこちら

Automated desalting and MALDI-spotting

一次元または二次元ゲルタンパク質消化によるペプチドサンプルからの脱塩は、MS分析の成功に欠かせないプロセスです。Tecanリキッドハンドリングプラットフォーム上でZipTip®カラム(Merck)を使用した、完全に自動化されたペプチド脱塩およびMALDIターゲットスポッティングを実行します。さまざまなメーカーの多様なサイズのMALDIターゲットに対応しており、ハイスループットで、エラーのないスポッティングが可能です。

詳細はこちら

Crystallography

ハイスループットのタンパク質結晶化は、非常に時間がかかり、コストも膨大になる場合があります。自動化により、希少なサンプルの消費を最小限に抑え、実験条件の再現性を高めます。

ハイライト

  • 広い分注範囲(100 nl~5 ml)
  • 優れた分注精度と正確性
  • 再現性の高い実験条件
詳細はこちら




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 05 / カタログ・資料
***************************************************************************************
***************************************************************************************

アプリケーションノート

このアプリケーションノートは、Freedom EVOリキッドハンドリングプラットフォーム上でOptiMax™プレートを使用した低容量、高感度ELISAの自動化について説明します。

Tecan Journalの記事

Seeing more clearly
[TJ 02/2016]

変性眼疾患は、徐々に視力を失う進行性の病であり、世界で数百万人にのぼる患者の中には、完全に失明する者もいます。オーストラリアの研究者らは、幹細胞を使用してこの身近な疾患の進行を止め、さらに症状を改善するための技術を研究しています。

抗体の研究開発を専門とする MorphoSys 社(ドイツ)は、治療用抗体のスクリーニングと特性解析を目的とした新規アッセイ設計に豊富な経験を持っています。同社の技術開発部門は、さまざまな自動化ソリューションを利用して自社製品の開発に必要な処理能力を確保し、癌や炎症性疾患、自己免疫疾患を対象とした活発な研究プログラムを支えています。

D300e ダイレクトデジタルディスペンシング技術は、チューリッヒ大学小児病院(スイス)で急性リンパ性白血病の新たな治療法開発に利用されています。ピコリットルレベルの薬剤を直接セルベースアッセイ用プレートに分注できるこのシステムを使うと、多様な組み合わせの薬剤をワンステップで患者由来の白血病細胞に投与し、迅速に検査できます。

Novartis社の薬物代謝および薬物動態(DMPK)生物製剤部門は、スイスのバーゼル市に拠点を置き、2つのFreedom EVO 150ワークステーションを組み合わせ、血清サンプル調製とELISA処理用の柔軟で完全に自動化したワークフローを開発しました。(本文は英語です)

ドイツのコンスタンツ大学の研究者は、潜在的な抗菌薬を特定する低分子スクリーニング用に蛍光ベースの方法を確立しました。大学のスクリーニングセンターでは、Freedom EVOワークステーションのMultiChannel Arm 384を使い、80ナノリットルまでの少量で信頼性の高いリキッド輸送を可能にする革新的な技術を開発しました。(本文は英語です)

TecanのFluent®ラボラトリーオートメーションソリューションでは、ドイツのハンブルグ市にあるIME ScreeningPortにおける低分子スクリーニング用に、卓越した柔軟性を提供しています。この画期的なシステムでは、複雑なアッセイが簡単に自動化され、in vitroアッセイおよびセルベースアッセイの双方を単一のコンパクトな機器で実行できます。(本文は英語です)

石原産業株式会社 中央研究所 生命科学研究室では、Tecan Freedom EVO200 ワークステーションを 使って、効率的なsiRNAトランスフェクションの自動化に成功し、small RNA ライブラリーの高効率 ハイスループットスクリーニングへの道を切り開きました。

創薬のハイスループットスクリーニングは、TecanのFreedom EVOプラットフォームなど信頼性の高いリキッドハンドリングに依存します。シカゴ市に拠点を置くSAMDI Tech社は、Freedom EVOシステムで特許取得済みのラベルフリーSAMDI技術を自動化し、課題の多い生化学標的の定量分析を迅速に実施しています。(本文は英語です)

2011 年4 月、大阪大学国際創薬インキュベーショングループは、関西の創薬研究者らにその門戸を開き、Tecan のFreedom EVO®リキッドハンドリングワークステーションやインフィニットM1000 マイクロプレートリーダーをはじめとするハイスループット技術を利用できるようにしました。

Isogenicaは、ペプチド、タンパク質、抗体の創薬設計サービスを製薬会社とバイオテクノロジー会社に提供し、次世代分子選択能力を増大するため、2つのFreedom EVOリキッドハンドリングプラットフォームに投資しました。(本文は英語です)

Merz Pharmaは、Freedom EVOワークステーションのMultiChannel Arm 384が提供する高い柔軟性と大きな分注量を活用し、創薬パイプラインを加速し、スクリーニングプロセスにおける単一濃度分析の必要性を排除しました。(本文は英語です)

Faster Pharma
[TJ 03/2010]

Tecan製MultiChannel Arm™ 384は、Institut de Recherches ServierのDivision of Cancer Researchにおける研究室ワークフローを革新し、化合物スクリーニング用に複数のアッセイプレートを同時に処理可能にし、1回の運転ごとにテストされる化合物と酵素の組み合わせの数を増やしました。(本文は英語です)

研究用途向けです。