Spark®

SPARK®マルチ検出モードマイクロプレートリーダーはお客様の研究パートナーです。

ゲノム&プロテオミクス、マイクロバイオロジー、セルベースアッセイ、ドラッグディスカバリーの4種類のご希望のアプリケーションに合わせた構成を簡単に選択できます。

Sparkの完全に設定可能なプラットホームは、カスタマイズに対応しています。

Sparkはアップグレードも可能で、将来いつでもモジュールを追加することができます。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 01 / 概要
***************************************************************************************
***************************************************************************************

Four configurations for today. Ready for tomorrow.

ゲノム&プロテオミクス

詳細はこちら

マイクロバイオロジー

詳細はこちら

セルベースアッセイ

詳細はこちら

ドラッグディスカバリー

詳細はこちら

Sparkの主な機能

  • 吸光測定 (紫外・可視スペクトルスキャン)
  • 上方/下方蛍光測定 (蛍光スペクトルスキャン)
  • 時間分解蛍光測定 (TRF)
  • 蛍光共鳴エネルギー転移測定(FRET)
  • 時間分解 - 蛍光共鳴エネルギー転移測定(TR-FRET)
  • 蛍光偏光測定(FP)
  • 発光測定 (フラッシュ&グロー、マルチカラー 発光スペクトルスキャン)
  • AlphaScreen®, AlphaLISA® & AlphaPlex®
  • 自動生細胞イメージング (セルカウント,セルコンフルエンス)
  • キュベットポート
  • NanoQuant plate
  • 温度コントロール (室温+3℃~42℃)
  • 加温・攪拌機能付試薬分注
  • CO2およびO2 濃度制御
  • 蒸発防止 (Humidity Cassette)
  • Te-Cool™ (能動温度調節18~42℃)
  • Lid Lifter蓋の自動取り出し
  • QCツール(IQ/OQサービス)
  • Connect™マイクロプレートスタッカー
  • ELISA
  • 微量 DNA/RNA 定量
  • 核酸標識効率
  • タンパク質定量
  • HTRF®, LanthaScreen®
  • Transcreener®
  • DLR®
  • BRET (NanoBRET®)
  • 細胞カウントおよび生存率測定
  • セルコンフルエンス測定
  • 細胞遊走能・創傷治癒アッセイ (スクラッチアッセイ)

Are you ready to discover your Spark?

吸光測定

超高速。精密。多用途。

詳細はこちら

蛍光測定

アッセイ内容や予算に合わせた検出系の柔軟性

詳細はこちら

発光測定

アプリケーションに依存しない高感度検出系

詳細はこちら

セルカウンティング&イメージング

データの信頼性を高める生細胞イメージング

詳細はこちら




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 02 / テクノロジー
***************************************************************************************
***************************************************************************************

High Speed Monochromator

5秒以内の全波長領域吸光度スペクトルスキャン

特許出願中のSpark専用High Speed Monochromatorは、吸光度の高速測定と高い正確性を提供します。

詳細を表示

ブランク還元後の50μg/ml試料のDNAスペクトル;2μlサンプル量をTecanのNanoQuant Plateで測定しました。

波長正確度とスキャン速度の比類なき組み合わせ

SparkのHigh Speed Monochromatorにより、1 nmステップで、200~1,000 nmの吸光スペクトルスキャンをわずか5秒で実現し、サンプルが蒸発するリスクを効果的に削減します。スペクトルスキャンを比類のない波長正確性と再現性(<=0.3 nm)で行い、すべてのサンプルで一貫したデータを生成します。

スピード、精度、再現性の組み合わせにより、Sparkは微量の核酸の定量化や純度測定に最適です。

画像は、260nmで測定した0~4ODのOD直線性を示します。

核酸定量の優位性

Tecan社のNanoQuant Plate™ユニークなデザインと相まって、Spark社の優れた波長正確度と再現性は、<1ng/μlのDNA検出限界をもたらします。

A260 / 280またはA260 / 230の優れた波長比精度はDNA / RNAの純度チェックに極めて重要であり、再現性と再現性のあるデータを保証しますが、このパラメーターは市販のほとんどのシステムでは規定されていません。

Sparkの超高速分光記録により、蒸散の危険性を伴わずにNanoQuant Plate内の全16サンプルのスペクトル全波長スキャンを行うことができます。これは、他のモノクロメーターベースの吸光度計ではよく知られている問題です。

NanoQuant Plate

校正フリー、少量核酸定量化

特許を取得したNanoQuant Plateは、マルチモードリーダーでの吸光度による少量の核酸定量に特化した初めてのツールです。

このプレートはDNAまたはRNAの定量、核酸純度の評価、および核酸の標識効率など様々な用途に最適です。

詳細を表示

校正フリー定量化

NanoQuant Plateは同時に最大16サンプルを測定でき、従来のシングルまたは8チャンネルピペッターを用いて簡単に2μl程度のサンプル量を個々のマイクロスポットに充填できます。石英製マイクロスポットは、個々のレンズとして機能するように成形され、各サンプルにおいて最良の光透過率を保証します。迅速かつ容易に洗浄して、交差汚染のリスクを最小限に抑えることができます。16個の石英製マイクロキュベットとして機能し、0.5 mmの光路長が形成されます。230 nm、260 nm、および280 nm測定に最適です。

NanoQuant Plateは、業界で唯一100%校正フリーの微量測定用プレートです。実験時間の節約と、高再現性のある測定を実現します。研究室での高感度、高信頼性そして容易なDNA / RNA定量化のための革新的なツールです。

NanoQuant Plateは、吸光測定に加えて、微量サンプルの蛍光信号シグナルを検出するために使用することができます。蛍光アッセイ(Quant-iT™PicoGreen®dsDNAアッセイなど)のサンプル2μLをNanoQuant Plateにピペットで注入し、Sparkを用いて蛍光シグナルを検出します。

NanoQuant PlateとSparkの組み合わせは、核酸定量のための究極のソリューションを提供します。

事前に定義されたメソッド=自動サンプル分析

SparkControl™ソフトウェアは、あらかじめ設定した「ワンクリック」メソッドによる核酸の定量化を行い、すばやく、簡単に、信頼できる結果が得られます。

ssDNAの検出限界は、NanoQuant PlateをSpark High Speed Monochromators.と組み合わせて、1 ng/µl以下で指定されます。

蛍光-Fusion Optics

柔軟性と感度を両立する革新的なモジュール

SparkのFusion Opticsは、モノクロメーターの柔軟性とフィルターの高感度を組み合わせた初めての光学ソリューションです。

詳細を表示

ハイブリッドリーダーを超越

Sparkには、フィルター、Tecanの最新鋭のQuadX Monochromators™ダブルモノクロメーターシステム、または両者の組合せを装備することができます。ハイブリッドマルチモードリーダーとは異なり、このコンセプトにより、励起側と測定側の双方でフィルターモードとモノクロメーターモードを個別に選択できます。

このユニークな機能は、標準の上方/下方測定、TRF、FRET、TR-FRET、FPなど、蛍光ベースの測定モードすべてで利用でき、非常に低い検出限界を実現します。SparkControlソフトウェアにより、システムを容易に制御できるため、その場でフィルターモードやモノクロメーターモードを選択できます。

柔軟性と感度のギャップを埋める

モノクロメーターの柔軟性とフィルターの感度を組み合わせたSparkのユニークな機能は、とくに蛍光測定や励起スキャンに関係します。たとえば、励起側のフィルタを使用すると、より高い感度が得られ、ピーク品質が大幅に向上します。

これらの図は、標準フルオロフォア標識(A)、Alexa Fluor®555(B)およびユウロピウム(C)の励起スキャンと蛍光スキャンの比較を示しており、モノクロメーターを両側に使用すると、固定波長側のフィルターを使用する場合と比較して、シグナルの約25%しか検出できないことがわかります。これにより、非常に低シグナルであっても、SparkのFusion Opticsは蛍光スペクトルの最高の品質を劇的に高めることができます。

蛍光の主な特徴

  • z軸方向の自動調整機能 – プレートタイプやフォーマットに関わらず、すべてのウェルにおいて上方蛍光測定を最適化
  • 柔軟な半値幅の選択 特異性と感度の最適なバランスのために5~50nm
  • 複数のダイクロイックミラー フィルターやモノクロメーターと組み合わせて機器の感度を最大にする
  • Optimal Read機能 下方蛍光測定、ウェル内の全細胞からのシグナル記録を保証、GFPシグナルの検出に最適
  • ウェルスキャン – 高解像度ウェルスキャンは各ウェルの細胞群の完全なデータを収集します。細胞の分布を見やすく画像表示します。
  • Spectra Viewer – アッセイの励起および蛍光設定を改善するためのソフトウエアツール
  • 3Dスキャン – – 励起スキャンと蛍光スキャンを同時に行い、蛍光プローブのスペクトル特性の変化を迅速かつ容易に同定したり、未知のサンプルの特性を明らかにしたりすることで、アッセイ開発を加速します。

発光測定

高感度設計

96、384、1,536ウェルフォーマットのグロー、フラッシュ、マルチカラー発光のアプリケーションに最適な感度を提供します。その発光オプティクスは、感度を損なうことなく発光シグナルのスペクトル取得を可能にし、感度に優れたアッセイや新規アプリケーションの確立に最適です。

詳細を表示

最適化条件を使用したSparkのグロー発光の直線性。

最適化された光学機器 = 最適の結果

Sparkは、96、384および1,536ウェルの各プレートごとに最適化された発光ファイバーを使用し、ウェル間のシグナルクロストークを最小限に抑えます。強力なシグナルを1/1000まで減衰する複数の減衰フィルターと、ユーザーが選択可能な38のカラーフィルターからなる革新的なフィルターホイールを透過するよう光が導かれ、実質的にあらゆるマルチカラー発光測定を可能にします。シグナルは、最高感度モードの光子計数で運転する光電子倍増管(PMT)で検出されます。

光学コンポーネントの独自の組み合わせにより、弱い発光シグナルへの最大感度と強力なシグナルの減衰が可能になります。その結果、グローおよびフラッシュ発光のための極めて低い検出限界と、業界をリードする109のダイナミックレンジによる優れた感度を実現します。

Renilla(RR)とfirefly(FF)luciferasesの発光スペクトルがSparkで記録されました

マルチカラー発光でアッセイを最適化

ほとんどのプレートリーダーは、発光マルチプレックスやスキャニング用に蛍光測定モノクロメーターを使用している、思わしくない結果や減衰による許容できない感度の低下が生じます。

この限界を超えるため、19組のショートおよびロングパスフィルターに基づいてSparkは独自のフィルター技術を使用しています。数回のクリックでマルチカラー発光測定またはスペクトルスキャンに必要な波長および半値幅を選択できます。これにより、Sparkをマルチプレックスアッセイシステム(Chroma-Glo™など)、NanoBRET™を含むBRETアプリケーションおよび発光スペクトル測定で将来にわたって対応できる設定にしています。

Alphaアッセイに最適なリーダー

Alpha Technologyアッセイの完璧なパフォーマンスには、高品質の装置が必要です。Sparkは、Alphaアッセイの超高感度検出のために、高出力レーザー光源と革新的なフィルターホイールおよび専用フォトンカウンティングPMTを組み合わせました。

Sparkは、測定中にウェルごとの温度補正を可能にする独自のIR温度センサーを搭載し、Alphaアッセイの課題を克服します。環境温度を下回っても安定した温度管理を実現するSparkのTe-Cool™モジュールにより補完され、重要なアッセイパラメーターを完全に管理します。

これらの機能は、AlphaScreen®、AlphaLISA®およびAlphaPlex®アッセイおよび将来の潜在的なAlpha Technologyアプリケーションのために妥協なき性能をSparkが提供することを確実にします。

自動細胞イメージング

セルカウント、生存率測定、生細胞イメージング

マルチモードリーダーに組み込まれた使い易いセルイメージングモジュールです。Sparkセルイメージングモジュールは、明視野用LEDライト、4x対物レンズ、CMOS 1.3メガピクセルカメラ、レーザベースのオートフォーカスシステムで構成され、自動顕微鏡に匹敵する性能を発揮します。

このシステムは、細胞を用いたアッセイを行いたいユーザーに簡便なソリューションを提供します。

詳細はこちら

生細胞パッケージ

細胞培養に不可欠な環境の提供

細胞を用いたアッセイでは細胞を最適な条件で培養することが重要となります。ワークフローを自動化することで時間を有効に活用することも可能です。Sparkは、自動インキュベーター、マイクロプレートリーダー、セルイメージャーの機能を1つにまとめ、長期間の細胞培養に最適な環境とアッセイの自動化を提供します。

詳細を表示

自動インキュベーター

Sparkは、マイクロプレートを均一に加温できる高精度の温度制御機能を搭載しています。均一な温度分布を確保するため、プレートチャンバーは、熱の影響を受けないよう光学系から隔離されており、アッセイの安定した正確な温度制御を保証します。

Sparkは、CO2/O2分圧制御を手元でできるようにすることで、環境管理にさらなる可能性をもたらします。統合型ガスコントロールモジュール(GCM™)は、0.04~10 % (vol.)のCO2制御と0.1~21 %(vol.)のO2制御を提供し、細胞にとって最適な環境を作り出します。CO2制御は、長期のカイネティックアッセイにおいて細胞の健康を維持し、O2制御は微好気性有機物に適切な環境の維持や生理学的条件の模倣を可能にします。

細菌や酵母の増殖曲線の生成には、効果的なプレートの振とうが必要です。マイクロプレートリーダー内の細胞株に取り組んできた長年の経験と知識に基づき、Sparkは微生物の長期的な振とうとインキュベーションのために特別に設計されました。

使いやすいSparkControlソフトウェアにより、これらの機能を簡単に制御し、生細胞を最高の状態にできます。

湿度制御 – エッジ効果を抑制

95 %以上での湿度制御は、良好な細胞生存率と増殖のためのもう1つの重要な要素です。また、蒸発を最小限に抑えることは、長期アッセイ中の一定の濃度維持に不可欠です。SparkのHumidity Cassetteは、ANSI/SLAS形式マイクロプレート内での蒸発を最小化するための費用効果の高いのソリューションです。この特許取得済みのツールには、充填溝を組み込んでおり、独自のLid Lifterと合わせて使用できる専用のフタがあるため、あらゆるアッセイの受動的な湿度制御が可能です。ddH2Oを充填溝に追加するだけで、マイクロプレートチェンバー内で手間のかからない加湿環境を用意できます。

Lid Lifter

Sparkによって、新しいタイプの自動化である統合型リッドリフティングを利用できます。新しいワークフローの可能性を創り出し、サンプル汚染のリスクを低減し、長期カイネティクアッセイに最適な環境の確立に役立ちます。マニュアルによる介入なしに化合物の分注を行う場合でも、蒸発防止を行うことなく最適な環境条件を維持する場合でも、Sparkはタスクに応えることができる唯一のリーダーです。

研究者用に設計されたソフトウェア

SparkControlは、長期カイネティクアッセイの自動化を、カイネティックコンディショニング、リモート操作、Open Kineticなどの先進機能と組み合わせて、複雑な実験設定のためのハンズオフソリューションを提供します。

多くの生細胞のカイネティックアッセイでは、たとえば、一定のシグナルレベルまたはOD値に到達したら化合物を追加するといった特定のアクションが必要です。マニュアルの環境制御を搭載したマルチモードリーダーは、これらの種類の研究を面倒なものまたは、エラーが生じやすいものにします。SparkControlのカイネティックコンディショニング機能では、あらかじめ定義されたシグナルがコントロールウェルに到達次第、必要なアクションを自動的に実行するようプログラムできます。蓋なし/蓋ありマイクロプレート内での考えられる限りのほとんどすべてのアッセイワークフローに対応します。

SparkControlのリモートコントロール機能により、ラボ外から機器の監視または操作が可能です。何時間もリーダーの前に座る必要なく、完全なシステム制御を可能にします。インターネット接続があれば、実験に接続することができます。

マルチモードリーダーは、様々なユーザーによって複数のアプリケーションに頻繁に使用されています。長期生細胞カイネティクアッセイは、1日中リーダーをブロックし、ラボ全体のスループットを制限します。SparkControlはOpen Kineticという効率的なソリューションを提供します。この機能によって、カイネティックアッセイを一時停止および再開でき、長期実験中に実施される追加測定を可能にします。他のユーザーが機器を使えるようになり、貴重な研究を妥協することなく、共通機器室の主要なボトルネックのひとつを排除できます。

Te-Cool 温度管理の精度向上

室温以下も含めた完全な温度制御

信頼性の高いデータを収集するには、温度の安定化が不可欠です。Sparkはマルチモードリーダーとしては初めて、冷却機能を統合し、研究室の環境温度にかかわらず、毎回、季節ごとに、世界中のどこでも、18~42℃の完全温度制御を可能にしました。

詳細を表示

生物学は常に37 °Cではない

すべての生物学的条件で、目標温度が常に37 °Cであるとは限りません。たとえば、ゼブラフィッシュの仔魚は25 °C、昆虫細胞(Sf9)は22 °Cである必要があります。一般的なマルチモードリーダーは、マイクロプレートチャンバーのみを加温し、通常は現在の室温より2~5 °C高いオフセットが必要です。温度制御へのこの従来型のアプローチは、柔軟性を排除し、信頼性が低い、または無用なデータに導く最適ではない実験条件につながります。また、機能性の欠如は、一定の有機物や用途を調査する能力を制限します。

Spark独自のTe-Coolモジュールで、測定チャンバーを加温または冷却できます。これにより、ユーザー定義の温度を18~42 °Cに設定して、安定した温度条件が保証できます。

Exemplary luminescent kinase assay, where the activity of a glow luciferase was measured at different temperatures. The luminescent signal increased approximately 10 % per 1 °C increase in temperature.

温度が発光に及ぼす影響

温度は、非哺乳類有機物由来の酵素を使用する生化学アッセイにおいて重要な役割を果たします。たとえば、生物発光アッセイシステムは20~25 °Cの最適温度を必要とします。これらのアッセイは、通常、温度に対して敏感で、1 °Cの温度上昇さえも発光アウトプットの10 %増につながります。そのため、この重要な範囲での温度を安定して制御できないルミノメーターやマルチモードリーダーは、再現性の低いデータを生成します。

Sparkは、発光アッセイへの温度の影響を軽減できる唯一のリーダーであり、貴重な研究において高品質なデータを得ることができます。

瞬時に冷却

複数のユーザーには複数の実験条件が必要です。マイクロプレートリーダーにとっての主なボトルネックは、装置が目的の温度に到達するのを待つことです。測定チャンバーの加温は容易ですが、冷却するまで待たなければならない場合はどうでしょうか?

通常は、リーダーが受動的冷却によって37℃から室温まで冷却するのに60分以上かかり、貴重な時間を費やし、忙しいスケジュールを混乱させます。このクールダウンウィンドウを短縮するだけで、マルチユーザーラボで回避できる時間遅延と生産性の低下を想像してみてください。

Te-Coolモジュールは、マイクロプレートチャンバーを能動的に冷却し、大幅な時間の節約につながります。ラボは37℃から22℃への冷却に要する時間を効果的に短縮できます。

カイネティック測定における発光シグナルの経時的変化。6分間は、ウェル内の液体が加温されるため、発光シグナルが増加します。

Smart automation

新たな可能性の検討

Tecanの科学者やエンジニアたちは、細部に焦点を当てることによって、マイクロプレートリーダーの認識を変えるような商品をお届けすることができました。スマートオートメーションはSparkの革新的な技術で一貫性のある信頼性の高いデータを保証します。

詳細を表示

貴重なリソースの優先順位付け

すべての検査室の研究者は、限られたアセットで次の発見をすべく、常に苦労しています。制約が予算であれ、時間であれ、私たちは皆、負担を感じています。

Sparkは、この負担を軽減し、ラボでの新しいワークフローの可能性を生み出すための独自の機能をセットしたもので、あらゆるサンプル用に高品質のデータを生成しながら、ハンズオン時間を削減します。

スケジュールに合わせた長期実験の設計をお探しの場合、コスト削減のためにサンプル量の縮小を目指している場合、または少ない予算で複数の機器を利用しようとしている場合、いずれの場合でもSparkで優先順位をコントロールすることができます。

データのばらつきを根本から排除

研究者として、私たちはデータを重視していると自覚しています。研究がアカデミア中心型または産業中心型のどちらであっても、次の発見はデータにかかっています。信頼性が高く、再現性があり、高品質のデータを生成する能力は、すべての実験機器の前提条件です。

実験を実施するたびに、結果に影響を及ぼす一定のレベルのエラーが必ず発生します。機器間でセルベースのアッセイを移すのであれ、マニュアルでコンフルエンスを評価するのであれ、ばらつきを避けることは困難です。エラーが、人間の主観性、環境要因または汚染のいずれであろうと、結果に影響を及ぼします。このばらつきを完全に排除することは現実的ではないため、妥協を強いられることになります。しかし、妥協をするには、データはあまりにも重要ではありませんか?

Sparkは、最も要求度の高いアッセイとアプリケーションのほとんどすべてのディテールに対応するよう設計されており、毎日、正確で一貫性のあるデータを生成するためにシームレスに機能するテクノロジーを実現します。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 03 / ソフトウェア
***************************************************************************************
***************************************************************************************

SparkControl™ adapts to your assay

SparkControlはルーチンまたは、複雑なワークフローの処理にも優れています。核酸の定量化から、あるタイミングで試薬を自動的にインジェクションする実験まで、SparkControlは様々なニーズに対応しています。

使い易さを重要視したソフトウェア

簡潔さ

ワンクリックアプリケーションは一般的なアッセイを合理化し、これまで以上に速く結果を得られます。SparkControlは、様々なユーザー向けに対応しており、「ドラッグアンドドロップ」で簡単にプロトコールを作成することが可能です。

複雑さを回避

SparkControlのワークフローベースのインターフェースで、様々なアプリケーションをすぐに作成できます。SparkControlを使用すれば、自身のプロトコルをいつでも実行または編集可能なメソッドに簡単に書き換えることができます。

ビデオ

Open Kinetic

サインアップシートは不要です

Open Kineticにより、カイネティッ測定の一時停止および再開ができます。長期実験または測定間隔が長い実験の場合、この機能によって測定中に他のユーザーが別のアプリケーションを実行できます。

詳細を表示

Live Viewer

SparkControlはSparkを顕微鏡に変えてアッセイ開始前に撮影して細胞の状態を観察できます。

Live Viewerにより、ユーザーは最適またはリアルタイムでの生理学的条件下で細胞をモニターできます。

詳細を表示

統合フルオロフォアライブラリー

正確な励起・蛍光スペクトルを有するフルオロフォアの一覧表は、物理化学的特性を可視化することで励起波長と蛍光波長の選択を簡便にします。

60以上のフルオロフォアを備えた統合型フルオロフォアライブラリにより、発光および励起波長を簡単でかつ正確に視覚的に選択できます。

詳細を表示

ハイライト

  • ワンクリックアプリケーション
  • 環境条件の調整
  • Optimal Read
  • z軸方向の自動調整機能
  • 高精度ウェルスキャン
  • 高解像度3Dスキャン
  • ダイナミックレンジの向上
  • カイネティックアッセイのゲイン自動調整
  • Magellan

高分解能3Dスキャン

迅速なアッセイの確立を可能にします

高解像度3Dスキャニングにより、励起および発光同時スキャンが可能となり、蛍光プローブのスペクトル特性における変化を素早く特定し、未知の蛍光サンプルのキャラクタリゼーションを可能にします。

詳細を表示

ダイナミックレンジの向上

低いシグナル検出

測定中のゲイン設定を自動調整するため、お客様は感度について妥協する必要なく、低信号を検出できます。

SparkControlがすべてを実行し、1つのデータセットであらゆる結果を関係付け、表示します。

詳細を表示

z軸方向の自動調整機能

蛍光感度の向上

上方蛍光測定と蛍光偏光の感度を高め、データの信頼性を大幅に向上させます。

自動Zフォーカス調整では、プレートタイプ、ウェルの形状、またはサンプル量に関わらず、各マイクロプレートウェルで最高のSB比の焦点が決定されます。

この独自の機能により、さまざまなアッセイパラメーターで最適なパフォーマンスを得ることを目的としたリーダーの設定が簡単になります。

詳細を表示

ワンクリックアプリケーション

測定から結果の解析までのプロセス短縮

ワークフローを円滑化し、サンプル調製から結果の解析までのプロセスをこれまでになく短縮します。

詳細を表示

高解像度ウェルスキャン

細胞群のデータを収集

不均一な細胞層でも、各ウェルのより正確なシグナルを得ることができます。

細胞の分布を見やすく画像表示し、選択した領域全体で平均値の算出も可能です。

詳細を表示

環境条件の調整

クリック操作で調整可能

Spark独自の環境制御オプションGCM™とTe-Cool™との組み合わせで、SparkControlによりパラメーターの調整を簡単に行えます。

リーダー内の温度(環境温度以下の場合も)およびCO2とO2の濃度など、測定中の環境条件を完全にコントロールできます。

詳細を表示

Optimal Read蛍光測定

下方蛍光測定の最適化

SparkControlは、セルベースの測定を向上するためのユニークなOptimal Read(OR)機能を搭載しています。各ウェルを多重測定することでCV値を大幅に抑えます。下方蛍光測定では、ウェル内およびウェル間の再現性が最大限に高まります。

これにより、粘着性の細胞を測定する際に、ウェル内およびウェル間での再現性において極めて低いCVを達成します。

Optimal Read fluorescence measurements - Diagram

詳細を表示

カイネティックアッセイのゲイン自動調整

データの最適化

蛍光測定の飽和状態を避けるために、ゲイン設定の自動調整により、カイネティックアッセイのデータ損失を防ぎます。

異なるゲイン設定での測定値は、自動的にデータセットの評価を可能にします。

詳細を表示

SparkControl Magellan™

データ解析を強化

SparkControl MagellanSparkControl Magellanは、様々な検出モードに対応するデータ解析ソフトウェアパッケージです。

多様なマイクロプレートベースのアプリケーション用の機能性、簡便性、安全性を強化した一連のツールを提供します。

詳細を表示




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 04 / オプション
***************************************************************************************
***************************************************************************************

Spark用拡張機能およびQCツール

加温・攪拌機能搭載 試薬ディスペンサー

ディスペンス機能により、フラッシュ発光などの高感度アプリケーションに最適です。インジェクター内の沈殿および塩形成を取り除くことによって一貫性のあるデータを生成します。

Spark-Stack™マイクロプレートスタッカー

Spark専用のコンパクトなプレートスタッカーです。1回のランで最高50枚までのマイクロプレートのバッチ処理を自動化できます。

QCツールとIQOQサービス

Tecanの品質管理パッケージは、効率的で費用効果の高い方法でTecan製マイクロプレートリーダーの規制要件を満たすのに役立ちます。

詳細はこちら

Humidity Cassette

蒸発防止機能により、生細胞のカイネティックアッセイが向上します。エッジ効果を最小限に抑えてより再現性と信頼性の高いデータが得られます。

特許取得済みのHumidity Cassetteは、標準マイクロプレート内の蒸発を低減し、長期にわたる生細胞カイネティックスを専用のマイクロプレートタイプに切り替える必要なく実現します。現在お使いのバリデーション済みプレートをご使用いただくだけです。メリットには次のようなものがあります:

  • アッセイ中の蒸発の低減
  • 既存のプレートを使用可能- 高価な特製プレートの必要なし
  • より良いデータ品質- 一貫性のある結果
  • エッジ効果の削減- 長期のカイネティックアッセイに最適
  • 安定した条件 – より良い細胞生存率
詳細を表示

セルカウンティング用Cell Chip™

Tecanの革新的なCell Chipsは、サンプル調製の手間を最小限にします。アプリケーションの柔軟性を高め、新しい細胞カウントの可能性を開きます

セルカウンティング機能により、様々なサイズと種類の細胞のカウントをラベルフリーで30秒以内で実現します。

  • 柔軟な領域選択による正確で再現性のある細胞カウント
  • 細胞数、サイズおよび生存率をワンクリックで測定
  • 目視確認のためにセルの画像をエクスポート
  • 低濃度においても高精度な細胞カウントを実現
  • Cell Chips(ディスポーザブル細胞カウント用チップ)によるレプリケート処理
詳細を表示

NanoQuant Plate™

わずか2μLで核酸またはタンパク質最大16サンプルを同時に定量化できます。この高精度測定ツールではサンプルごとに個別の石英光学系を使用することにより、キャリブレーション不要で安定した性能を保ちます。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 05 / カタログ・資料
***************************************************************************************
***************************************************************************************

アプリケーションガイド

アプリケーションノート

生物発光共鳴エネルギー転移(BRET)は、生細胞における蛋白質‐蛋白質相互作用の研究のための十分に確立された検出技術です。最新世代のBRETアッセイであるNanoBRET™は、非常に明るいNanoLuc®ルシフェラーゼと長波長アクセプターフルオロフォアを採用しており、検出感度が著しく向上し、ダイナミックレンジが高くなります。本アプリケーションノートでは、NanoBRET標的結合細胞内HDACアッセイを用いて、Sparkマルチモードリーダー上でのNanoBRETテクノロジーの実施について説明します。

新しいValitaTITERアッセイは、IgGおよびFc含有タンパク質細胞培養上清中でIgGおよびFc含有タンパク質を直接検出および定量するための非常に正確で費用効果の高いソリューションを提供します。このアプリケーションノートでは、SparkおよびInfinite 200 PROマルチモードプレートリーダーでValitaTITERアッセイキットを使用してIgG/Fcタンパク質定量を実施するための最適なプロトコルを示します。(本文は英語です)

温度は生化学反応の率と力学に影響する主な要因です。Spark®マルチモードリーダーの独創的なTe-Cool™モジュールにより、環境温度を下回っても測定が可能です。これによって、アッセイの力学への検査室内温度上昇の影響を制限します。温度依存性のアッセイを安定化し、より再現性と信頼性の高い結果を実現するのに役立ちます。 (本文は英語です)

蛍光下部測定用Optimal Read機能は、6~384ウェルプレート用の励起およびウェル全体での発光中の均一なウェル内照明を可能にするために設計されています。各ウェルを横断して配列された空間的に分離されたスポット上で複数の測定を行うことで、不均一な細胞層でも、効果的に再現性を持って分析できます。このアプリケーションノートは、Optimal Read機能は粘着性の細胞タイプの分析で最も信頼性の高い結果を生み、セルベースのアプリケーション用にウェル間の高い均一性と最高の感度を提供することを示します。 (本文は英語です)

細胞数測定、細胞生存率解析、および粒度分布の判定は、さまざまな分野の研究者たちが、ダウンストリーム実験での標準的な細胞継代培養からバキュロウイルスに感染した昆虫細胞による組み換えタンパクの生成や幹細胞の分化能判定まで、さまざまな作業において日常的に行っています。TecanのSparkマルチモードリーダーは、統合された明視野細胞イメージングモジュールを備えています。この特許出願中のシステムを、使いやすい使い捨てのCell Chip™と併用することで、ラベルフリー細胞数測定、粒度分布測定、トリパンブルーベースの細胞生存率解析が可能になります。この研究では、組み換えSf21培養細胞での最適なタンパク質生産速度を決定するため、細胞濃度、細胞生存率、および粒度分布の分析が行われました。(本文は英語です)

HTRFはCisbio Bioassaysの時間分解- 蛍光共鳴エネルギー転移測定(TR-FRET)ベースのアッセイシステムで、多様な分子インタラクションと結合試験の分析用に人気が高まっています。HTRFアッセイは、マルチモードリーダーに高感度を求めます。Sparkは、フィルターの感度とモノクロメーター(MCR)の柔軟性を1台の機器に組み合わせるTecan独自のFusion Opticsをはじめ、これらの要求に応え、最適なアッセイ性能を確保するための多数の機能を提供します。全体的なフィルター方式またはMCRベースの測定に加えて、2つを組み合わせて1回の測定で同時に使用することもできます。 (本文は英語です)

TecanのSparkマルチモードリーダープラットフォームは、HTRFアッセイにうまく適合し、自動Zポジショニングおよび統合型ダイクロイックミラーを含む数々の機能と共に広範囲のTR-FRETベースの技術のための最適なアッセイ性能を確保します。このアプリケーションノートは、高品質HTRFアッセイ用に強化された蛍光光学機器と合わせて、Sparkリーダーの性能の概説します。 (本文は英語です)

このアプリケーションノートは、SparkマルチモードリーダーへのAlphaScreenの導入成功および感度、均一性および典型的な読み取り時間の測定に関する機器の性能について説明します。 (本文は英語です)

このアプリケーションノートは、SparkマルチモードリーダーへのAlphaScreenテクノロジーの導入成功およびAlphaScreen P-Tyr-100アッセイキットを使用したチロシンキナーゼのアクティビティの検出について説明します。 (本文は英語です)

このアプリケーションノートは、SparkマルチモードリーダーへのAlphaLISAテクノロジーの導入およびAlphaLISA IgGアッセイキットを使用したヒト免疫グロブリンG(IgG)の検出について説明します。 (本文は英語です)

細胞イメージングが統合されたTecanのSparkマルチモードマイクロプレートリーダーは、品質チェックと細胞コンフルエンス用の信号正規化の機能を備えているため、セルベース研究の自動化を促進します。(本文は英語です)

マルチモードリーダー用の初めての空調システムによって重要な実験条件の制御を維持し、18°Cまでの安定した測定チェンバー温度を実現します。(本文は英語です)

化合物介在性細胞毒性イベント後の適切な時間内での細胞アッセイは、極めて難しいものになります。このアプリケーションノートは、Sparkマルチモードリーダーでの細胞生存率、細胞毒性およびアポトーシス評価用の3つのPromega社のアッセイを使用した、細胞毒性および細胞生存率の運動モニタリングの自動化について説明します。(本文は英語です)

細胞移動は多細胞生物の開発および維持の中心となるプロセスであり、胚発生中の組織形成、創傷治癒、および免疫反応にはすべて、細胞の組織的な動作と集合が必要になります。(本文は英語です)

TecanのSparkマルチモードマイクロプレートリーダーは、信頼性と利便性に優れた方法で細胞生存率、増殖およびアポトーシス評価を行うために確立されたアッセイを使用して、ヒト幹細胞増殖および分化のリアルタイム分析用に使用されました。(本文は英語です)

TecanのSparkマルチモードマイクロプレートリーダーは、PromoCellによって開発されたいくつかの確立済みの信頼性の高いセルベースアッセイを使用して、ヒト間葉幹細胞の分化中に代謝の変化を特定し、細胞生存率、細胞毒性およびアポトーシスの評価と定量を行うために使用されました。(本文は英語です)

高発現クローンの同定および分離、候補のノックダウン、小規模な抗体やタンパク質の生産など多くのセルバイオロジー用途において、細胞株は単一の細胞由来であること、すなわちモノクローナルであることが重要です。これは特に学術研究所において、大きなボトルネックとなる場合があります。専用の自動顕微鏡システムは非常に高価でかつ操作が難しいため、単クローン性の検証はしばしばマニュアルの顕微鏡検査によって行われているからです。(本文は英語です)

Technical Notes

Spark-Stackは、コンパクトで汎用性が高く、フィールドでアップグレード可能なSpark®マルチモードリーダー用のマイクロプレートスタッカーです。6~1536ウェルマイクロプレートの装填、取り外しおよび再スタッキングを含む、典型的なワークフローステップの自動化に役立てることで、無人運転のための自動化を提供し、検査室の生産性を向上します。Spark-Stackは、Alpha technologyベースのアッセイとフルオロフォアのトランスフェクションがあった細胞などの光感受性アッセイをプレートマガジンの内側で保護するためにダークカバーを備えています。(本文は英語です)

ワンクリックLive Viewerソフトウェアアプリケーションは、Sparkマイクロプレートリーダーを顕微鏡に変えます。マイクロプレート内またはTecanの特許取得済みCell Chip™内の細胞の簡単で単純な視覚的品質チェックを可能にし、測定の開始直前に細胞サンプルの画像を自動に入手し、即時に表示できるようにします。(本文は英語です)

Sparkリーダーは、単一のマルチモードリーダー内のフィルターとMCRのメリットを組み合わせたTecan独自のFusion Opticsを備えています。Sparkは、フィルター、Quad4モノクロメーターまたは独創的なSpark Fusion Opticの使用して両方を組み合わせて装備することができます。(本文は英語です)

新しいSparkマルチモードマイクロプレートリーダーは、正確性が高く、再現性のある超高速吸光測定を可能にする特許出願中のHigh Speed Monochromators(HSM)を装備しています。この独自の光学システムは、200~1,000 nmの強化された測定範囲を提供し、A260/A230核酸純度確認などの特に深いUV域での吸光測定のため全範囲で最適な性能を確保します。Sparkリーダーは、特許取得済みのNanoQuant Plateを使用して、吸光測定および蛍光モードで低容量サンプルの測定にも適してします。(本文は英語です)

Sparkの発光モジュールにより、ユーザーは高感度フラッシュおよびグロー発光測定を実施できます。1件の実験内での極めて大きいまたは小さいシグナルの最適化されたシグナル検出用の光学密度(OD)フィルターは、OD1~OD3の範囲内での強力なシグナルの減衰に役立つため、「過剰な」読み取りを回避します。これにより、ユーザーは9桁以上のダイナミックレンジで発光シグナルを検出できます。5つまでの異なるLuciferaseと共に、マルチカラー発光アッセイと発光スペクトラムスキャニング(発光タンパク質など)は、革新的なフィルター方式のアプローチを使用して簡単に設定できます。ユーザーは、15 nmおよび25 nm帯域のステップサイズで398 nm~653 nmの波長を選択できます。(本文は英語です)

このテクニカルノートは、フラッシュおよびグロー発光に関して、Sparkマルチモードリーダーの最適化された試験設定、機器設定および最大機器感度の決定に使用された統計式について説明します。(本文は英語です)

このテクニカルノートは、最適化された試験設定、機器設定および上方蛍光強度読み取りモード(FI上方)での標準フルオロフォアラベルの最高検出限界の決定に使用された統計式について説明します。(本文は英語です)

このテクニカルノートは、最適化された試験設定、機器設定および均一時間分解蛍光強度読み取りにおけるユーロピウムの最高検出限界の決定に使用された統計式について説明します。(本文は英語です)

このテクニカルノートは、最適化された試験設定、機器設定およびFI下方モードにおける最高検出限界の決定に使用された統計式について説明します。(本文は英語です)

このテクニカルノートは、Sparkリーダーの優れた性能を、他社による2種類のマルチモードリーダーと比較して紹介します。Cy5に匹敵する蛍光スペクトルスキャンを持つ近赤外蛍光染料Alexa Fluor 647での検出限界を、各装置をMCRモードで動作させて判定しました。(本文は英語です)

このテクニカルノートは、Tecanの次世代ハイエンドマルチモードリーダープラットフォームSpark上でのDLRアッセイシステムの導入について説明します。9桁以上のダイナミックレンジでの高感度フラッシュおよびグロー発光測定を実行できます。また、強化された発光モジュールは5つまでの異なるLuciferaseでマルチカラーアッセイを測定でき、発光物質のスペクトラムスキャンを提供します。(本文は英語です)

このテクニカルノートは、Sparkマルチモードマイクロプレートリーダーおよび細胞イメージングモジュールに加え、SparkControlソフトウェアとその専用Cell Counting and Cell Viabilityアプリケーションの機能と利点について説明します。(本文は英語です)

このテクニカルノートは、Sparkセルカウンティングモジュールの性能を(i)C-Chip™使い捨て血球計および標準顕微鏡を使用するマニュアルでの細胞数測定、(ii)価格が競合するイメージベースの細胞数測定装置(装置A)および(iii)細胞数測定機能付きの高性能細胞イメージャー(装置B)と比較します。(本文は英語です)

Transcreener® ADP2 TR-FRET Red Assayは、近赤外時間分解- 蛍光共鳴エネルギー転移測定(TR-FRET)読み出しによるADPと競合するイムノアッセイです。キナーゼまたはATPアーゼによるアデノシン二リン酸(ADP)生成の検出を目的とし、ハイスループットスクリーニングアプリケーションのために特に開発されました。Fusion Opticsの4つの異なる組み合わせを使用して、SparkがTranscreener ADP2 TR-FRET Red Assayを測定する能力の試験が行われました。(本文は英語です)

Transcreener ADP2 FP assayは、ADPの検出に基づく競合するFPアッセイで、タンパク質、脂質および炭水化物キナーゼ、ATPアーゼ、DNAヘリカーゼ、カルボキシラーゼおよびグルタミン合成酵素を含むADPを生成するあらゆる酵素クラスに対応します。このテクニカルノートは、TecanのSparkマルチモードマイクロプレートリーダー上でのTranscreener ADP2 FP assay用の機器設定について説明します。(本文は英語です)

Transcreener ADP2 FIは、シンプルな蛍光強度読み出しを使用しています。ADPに対して極めて感受性の高い抗体によるADPの検出に基づく同種の競合アッセイです。Transcreener ADP2 FI assayは、タンパク質、脂質および炭水化物キナーゼ、ATPアーゼ、DNAヘリカーゼ、カルボキシラーゼおよびグルタミン合成酵素を含むADPを生成するあらゆる酵素クラスに対応します。このテクニカルノートは、Transcreener ADP2 FI assay用TecanのSparkマルチモードリーダーの機器設定について説明します。(本文は英語です)

ポスター

細胞イメージングが統合されたTecanのSparkマルチモードマイクロプレートリーダーは、品質チェックと細胞コンフルエンス用のシグナル正規化機能を備えているため、セルベース研究の自動化を促進します。(本文は英語です)

マルチモードリーダー用の初めての温度管理システムによって重要な実験条件の制御を維持し、18°Cまでの安定した測定チェンバー温度を実現します。(本文は英語です)

in vivoシステムに匹敵する結果を提供するin vitroシステムを代表するため、ライフサイエンス分野における研究でのセルベースアッセイの人気は高いです。しかし、この改善された生物学的関連性は、有機体で作用する複雑性によって相殺されています。そのため、セルベースアッセイには、実験の計画および実施時に特別な予防措置と注意が必要です。(本文は英語です)

カタログ・資料

Spark®マルチモードマイクロプレートリーダーは、あらゆる創薬研究やライフサイエンス研究に適したテーラーメードのソリューションです。研究者が現在のニーズに合わせてプレートリーダーを自由に設定することができます。また、将来的には新しい技術や機能に合わせてアップグレードすることができます。

Spark専用のコンパクトなプレートスタッカーです。1回のランで最高50枚までのマイクロプレートのバッチ処理を自動化できます。




***************************************************************************************
***************************************************************************************
Tab 06 / ウェビナー/
ビデオ
***************************************************************************************
***************************************************************************************

スマートオートメーション機能をもつ先進的なマルチモードプレートリーダー

Tecanは、Spark®マルチモードマイクロプレートリーダーを発売し、創薬や先進的なライフサイエンス研究アプリケーションに適したテーラーメードソリューションを提供しています。

自由に構成可能なシステムは、生化学およびセルベースの多様なワークフローに対応し、最高のデータを出すことを目的とした新しい技術および機能を提供します。

オプションには、感度を向上しハイスループットスクリーニングを加速するために設計された強化蛍光モジュール、およびTe-Coolが含まれます。

Te-Coolは、正確で信頼性の高い結果を得るためにプレートリーダー内の温度を周囲の室温よりも低く設定できる、独自に開発された冷却モジュールです。

Sparkの細胞ハンドリング機能が、新しい自動細胞イメージングとコンフルエンス測定機能により拡張されました。これによって、測定チャンバー内の細胞培養マイクロプレートのインキュベーションとモニタリングが可能になります。最適なアッセイ結果とより優れた操作性のために、アッセイ開始/終了時または基質注入時のコンフルエンスのユーザーによる定義を実現します。これらの新しいオプションは、1~1,536ウェルのマイクロプレート測定能力と合わせて、今日そして未来のラボの生産性を向上させるSparkの構成の存在を確実にします。

詳細を表示

ウェビナー

細胞毒性、生存能、アポトーシスのモニタリング

細胞分析のワークフローにおいて、細胞生存率および細胞毒性評価を簡略にし、自動化する方法を学びます。

このウェビナーでは、Promega社製Cell Health AssayキットとSparkマルチモードマイクロプレートリーダーを用いて、数日間にわたるカイネティック(またはリアルタイム)分析を含む、細胞毒性、細胞生存率、およびアポトーシスを評価することに焦点を当てます。

細胞遊走および細胞生存率の評価による創傷治癒アッセイにおける信頼性の向上

Tecan社Application ScientistのKatrin Flatscher博士と同社Market Manager DetectionのMichael Fejtl博士が、Spark®マルチモードリーダーのイメージング機能に対するテストケースとしてRadius™96-well Cell Migration Assayを使って創傷治癒における細胞移動をモニターするアプリケーションについて紹介します。

このウェビナーでは、細胞のコンフルエンシーと細胞内アデノシン三リン酸含量の相関が細胞の生存率と代謝の指標としてどのように使われうるかを示します。

ヒト幹細胞の分化、増殖および代謝活性の自動モニタリング

パネリストのRudiger Arnold博士とKatrin Flatscher博士および 司会者のMichael Fejtlによる1時間にわたる討論は、迅速かつ簡便に細胞の生存率、増殖、アポトーシスを高感度かつ再現性の高い解析と定量化のためにPromoCellが開発した細胞ベースのアッセイとTecan社製Sparkマルチモードリーダーを用いたヒト幹細胞分化のリアルタイム解析に焦点を当てます。

ラボ内の温度との戦い-温度変動によって解析結果に歪みが出る場合

Promega社のGediminas Vidugiris博士とTecan社のKatrin Flatscher博士により、多くの生化学アッセイの温度感受性とラボの温度変動が測定結果を歪める可能性について紹介されます。さらにSparkマイクロプレートリーダーのTe-cool TM冷却機能により、実験ワークフロー全体を通して安定した温度を維持する方法について論じられます。細胞生存率、細胞代謝、細胞死および細胞シグナル伝達を調べるのに多用されるセルベースの生物発光および生物蛍光アッセイからの実験データをもとに能動的温度制御の有用性が示されます。

アプリケーション関連ビデオ

マルチモードリーダー内での上蓋自動取外し機能

マニュアル操作なしで試薬インジェクターと蓋付きマイクロプレートを効率的に使用できます。内蔵のLid Lifterでリーダー内にあるマイクロプレートのリッドを自動で取り外し、長時間のカイネティック測定中に試薬を添加します。

"Spectra Viewer” でアッセイの読み取りを至適化します

Spark Controlのソフトウェアツールは、使用する蛍光色素の励起と蛍光の波長設定を至適化します。

ワンクリックで細胞カウントおよび生存率測定

使いやすいディスポーザブルCell Chip™とSparkの細胞イメージングモジュールにより、自動化されたラベルフリー細胞カウントおよびトリパンブルー染色細胞の生存率解析を行えます。

"kinetic conditioning"機能によるカイネティック測定の完全な制御

Spark Controlの ”kinetic conditioning" 機能は、コントロールウェルで特定のシグナルが検出されると別の測定モードをすぐに開始するなどの動作を自動的に設定することができます。

5秒未満で完全な吸光スペクトルを測定

SparkのHigh Speed Monochromatorの革新的なデザインにより、最小1nm刻みで200~1000nmの吸光スペクトルをわずか5秒で測定できます。

数回のマウスクリックで高品質の発光スペクトルを測定

発光測定マルチカラー光学系の革新的なデザインは、装置の感度を損なうことなく発光スペクトル測定を可能にするだけではありません。

Sparkを顕微鏡に変える方法

SparkControlはSparkを顕微鏡に変えます。ワンクリックLive viewerアプリケーションでは、Cell Chipまたはマイクロタイタープレートウェル内の所定の位置の画像を4x倍率で表示し、保存することができます。アッセイ開始前の最終確認としてこの機能を使用します。

創傷治癒と細胞移動の自動化

Sparkリーダー(5% CO2, 37°C、Humidity Cassette)内で30時間にわたって実行されたヒト胆道がん細胞によるRadius™ 96ウェル細胞移動アッセイ

自動生細胞イメージング

Spark(5%CO2、37℃、Humidity Cassette)で50時間測定したヒト類表皮癌細胞(A431)の自動生細胞イメージおよびコンフルエンス測定

Download our latest brochure!

カタログ

Sparkは、あらゆるライフサイエンス研究および創薬アプリケーションに適したソリューションを提供するマルチモードマイクロプレートリーダーです。

Sparkのカタログはこちら
Sparkの基本仕様と典型的性能値

仕様

Sparkの基本仕様と典型的性能値

典型的性能値はこちら

研究用途向けです。